ドメーヌ ド ラ ギャルリエール / ル ブラン ド ラ マリエ トゥーレーヌ (フランス/ロワール)

FRB0003217
FRB0003217
FRB0003217
在庫状態 : 在庫有り
¥2,900 ¥2,600(税別)
数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

ドメーヌ ド ラ ギャルリエール / ル ブラン ド ラ マリエ トゥーレーヌ 2019(白)

(FRB0003217)

VT:2019

生産国:フランス

生産地:ロワール

葡萄品種:ソーヴィニヨン ブラン

コメント【商品説明】:

永遠の愛を誓い合う二人がラベルに描かれている為に、6月に販売が伸びる傾向ではありますが、御存知の方も多いはず。1年を通してこのワインが美味しい事と、花嫁にプレゼントするのでは無く自分で飲まないとすぐに市場から無くなってしまうって事を。商品の循環が良いからこそ、このタイミングでの2019年ヴィンテージのリリース。(2020年4月)

美味しいワインを造るのだというひとつの目標に向かって進んだ先にこのワインがあるのだなと感じる事の出来る、衛生的で開放的なアロマは、何にも遠慮をする事なくグラスから次々に溢れます。その香りを浴びる度に「ああ、そういえばソーヴィニヨン ブランって柑橘辛口品種じゃなくて、アロマ系の品種だったよな」って再確認出来る事でしょう。他の地域、他の国でも適性のある品種ではありますが、僕は全てから選べるのならばやはりロワールを選んでしまう気がします。

一番下に、オルヴォーのポエットな担当さんのテイスティングコメントもございます。いつも、美味しいワインだけを送って頂いている、信頼のできる担当さんの一人です。ご参考に是非。

 

 

以下、輸入元コメントです。

Domaine de la Garreliere

ドメーヌ・ドゥ・ラ・ギャルリエールは南トゥーレーヌ、ポワトー駅のあるリシュリュー村から8キロほど、南向きの丘の上に位置しています。小さな小川を伴う風光明媚なヴァレ・デュ・ヴーデの谷に20ヘクタールの畑を所有しています。 アペラシオン的にはトゥーレーヌに分類されますが、地質、土壌的にはそれ以上のものがあります。

1650年代、トゥール地方で高貴種であるカベルネ種の植え付けを奨励した頃、すでにぶどう畑を営む農場だったという長い歴史が残っています。17世紀、フランスで絶大な権力を誇るリシュリュー枢機卿(1585-1642)は、自らが建立した新しい街、リシュリュー村のほど近くにあったこの葡萄畑を拡大して、村人たちの喉を潤すことを考えました。1850年から1900年には、この60ヘクタールのドメーヌは新しいカーヴも設立しました。

シノンでワイン商を営んでいたピエール・プルゾー氏が、1973 年にここを訪問した瞬間、この場所に一目惚れして購入を決定。丘に位置するすぐれた区画を厳選し、現在の蔵の基礎を作りました。特に気に入った事はロワール河周辺より僅かだが気候が穏やかな点と、丘の斜面に広がるやせた土壌。蔵に移って直ちに「テロワール」のよさを引き出すべく、ぶどう畑の改良に取り掛かりました。特に力を注いだのは、生産量の多いクローンの木を引き抜き、品質の優れた台木に替えたこと。高貴種であるソーヴィニヨン・ブランやカベルネ・フランを植樹しました。

粘土石灰質土壌、シレックス土壌、風化した砂地の土壌の畑を持っています。 この粘土と石灰の個性あるモザイク状の土壌がギャルリエールの大きな特徴なのです。 ギャルリエールの名前の語源は古代フランス語の小石、大地、空を意味するgal-galle-garreから来ています。

1987年から経営にあたる息子のフランソワ氏は、「ぶどう栽培は結果が現れるのに時間がかかるが、『ワイン造り』の基本」と説明します。ギャルリエールの当主フランソワと彼の妻パスカルは、卓越したセンスと直感を大事に葡萄と向き合っています。 『僕の鼻、こいつが一番の先生なんだ。』フランソワはおどけて言います。 葡萄の文化やエルバージュなど、型にとらわれた考えではなく探究心で突き進んでいくうちに、“自然な”方法論にたどり着きました。ステレオタイプで技術的な味わいのワインにとらわれないドメーヌを目指して、彼は情熱と愛情を仕事の全てに注ぎ込んでいます。各生態系への理解とアプローチのために、ヴィニュロンとして何度も足を運ぶのは当然なのです。

ビオディナミについて~球体の奏でる音楽~

ここでは1993年から「ビオディナミ」を行っています。
彼いわく、
「ぶどうの木の80%は、酸素、二酸化炭素や窒素などの《大気》と、日差しや明かりをもたらす《太陽放射》によってできている。」
「これら自然が放つ力やニュアンス逃さず感じてこそ、我々造り手のエスプリが形成され磨かれていくのだ!」
「ぶどうの木は、これらすべての要素がエネルギーとなって果実へと変換するのである。」
自然のエネルギーをより素直に、そしてストレートに表現してくれるのが、「ビオディナミ」というわけである。

もちろん雑草の処理は、鍬を使った手作業かトラクターで地中にすき込み、除草剤は一切使いません。
「雑草が生えていると怠け者のように見られるが、微生物が宿る《生きた土》をつくるには、農薬は使えない。」
こうして化学肥料や防虫剤も一切使わない「自然な農業」に徹しています。

粘土質が多い「重たい土壌」のため、乳酸菌を用いた土作りと、植物を原料にした肥料を自ら作り土地改良を続けています。栽培面積20ha。1995年にエコセール取得。

この方法は、葡萄と、その周辺の環境との調和をもたらすことが目的です。 空と太陽、葉と根、バランスの探求が、長い季節のサイクルの中で葡萄に花を咲かせるのです。 ビオディナミにおいて準備しなくてはならない硅石や牛糞を角に詰めたプレパラートは、葡萄の根や葉に、植物そのものの感受性や行動に作用します。 仕事において大事なことは、毎日のリズム(大地の呼吸)、毎月のリズム(月の満ち欠け)、 毎年のリズム(太陽の動き、冬至、夏至、春分、秋分)です。 宇宙の内側と外側、黄道十二九星座の接続と離反によってビオディナミが与えられたのです。 そうすることで、植物が天体のシンフォニー、ピタゴラスの言う『球体の奏でる音楽(天体は音楽的な調和をもって廻っている)』が聞こえてくるのです。

なぜ、我々が造る自然の産物のために除草剤を買うのでしょうか? 我々の仕事は30種類以上もの植物に助けられながら、相互作用によってお互いを高めあい昇華しているのです。 除草剤の代わりに、私たちは数種類の植物を混ぜ、煎じ、プレパラートを造って葡萄と土地の品質を守っています。 煎じ薬には、穀物を4~6ヵ月と長期間発酵させて造ったパン酵母を加えています。 大地のバクテリアが発酵して造られる煮汁を葡萄の葉に散布することで、ウドンコ病やベト病などの繁殖を防ぎ、土壌や葉の中にある微量元素を開放することができるのです。

 

Le Blanc de la Mariée Touraine

セパージュ:ソーヴィニヨン・ブラン100%  樹齢:約20~25年
畑・土壌 :3ヘクタール 南西向き、砂が多い水はけの優れた粘土石灰質土壌に火打石が混ざる地質。
醸造・熟成:除梗なし、破砕無し、マセラシオンなしで直接圧搾。天然酵母。ステンレスタンクと
エナメルタンクで10日間アルコール発酵。そのままシュール・リーで4か月熟成。バトナージュなし。
冷却し、澱を沈めるため濾過・清澄は施さず。
SO2を1.5g/HL添加しビン詰め。
味わい:豊かでリッチな香りと、香りそのままの芳醇な味わい。果実味豊かでフローラルな香りが加わり
心地よい余韻が楽しめる。非常にバランスの良いワイン。

 

香りの段階から果実が全開ながら瑞々しく甘さだけでない。香りの段階から期待が高まる。
熟した白桃、甘いグレープフルーツ、この上なく綺麗に完熟した果実。
口に入れると密度のある洋ナシやグレープフルーツの塊が瞬時に開放され舌の上で立体的に躍動する。
フレッシュな酸味は完全に下支えに回り、若いワイン特有の飲みにくさ、酸の尖りが全くなく液体が喉を鳴らす。
ごくごくわずかな収れんを伴う余韻。8℃以下の低い温度でも素晴らしい香りと開放感。
二日目。セラー温度でも全く崩れない。果実が更に上昇。温度で崩れることはないが低めからスタートがベター。
三日目。ややアルコールが立ってきましたが、果実が十分にゆったり広がるので美味しい。
この数年、確実に減ってきているSO2添加量の影響も決して少なくはない。(2019年の半分以下)
オフ・フレーバーを徹底的に排除するギャルリエールの更なるステップ。
もろ手を挙げて大歓迎でどなたにも無条件でお薦めできる完成度です。
太陽を十分に感じる味わいながら、現時点から球体的に広がるバランス。
理想的な美しさの2018年とはまた違う例外的な素晴らしい仕上がりとなりました。(2020年4月試飲)

輸入元:オルヴォー

⇒詳しくはこちらから輸入元ホームページをご覧ください。

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい