ルイ モーラー / リースリング レルシェンベルグ (/アルザス)

FRB0006418
FRB0006418
在庫状態 : 売り切れ
¥3,900 ¥3,530(税別)
只今お取扱い出来ません

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

ルイ モーラー / リースリング レルシェンベルグ 2018(白)

(FRB0006418)

ヴィンテージ:2018

生産国:フランス

生産地:アルザス

葡萄品種:リースリング100

コメント【商品説明】:

アルザスのリースリングって、ここまで鋭くなれるんですね。

何しろ若い。若干24歳でこういった表現をする事ができるなんて。なんて羨ましいのでしょう。

ルイ モーラー自身が管理する栽培面積は3ha。それぞれのキュヴェの生産本数に限りがあり、日本への割り当ては極少量。当然ながら吉澤ワイン商店への割り当ても極々少量。ツラツラと書いているうちに売り切れてしまいそう……。気になった方はお早めに。

 

以下、輸入元コメントです。

ルイ・モーラーは1996年生まれ。今年24歳になるアルザスでも最も若い世代のヴァン・ナチュールの造り手です。彼はルファックRouffachの醸造学校でBTS(醸造栽培上級技術者のディプロマ)を取得。在学中にマルク・クライデンヴァイスとドメーヌ・セルツで研修し、ビオロジック農法のワインへの影響の重要性を学びました。高校卒業後はルカ・リーフェル(カトリーヌ・リスが醸造所を間借りしているドメーヌ)の下で1年半修行し、ヴァン・ナチュールについて実践で学びました。2016年から実家のドメーヌに参画。当時わずか20歳ながら、家族のワインとは別に、自身の名で4種類のヴァン・ナチュールを醸造しました。

家族が所有するドメーヌでは昔から除草剤や化学肥料は一切使用しておらず、15年以上前に完全なビオロジックに転換。2009年からはビオディナミも導入しました。これによってブドウ木の生命力が劇的に向上し、自然に収穫量が低くなり、ブドウ中のエキスも最上の状態で凝縮されるようになりました。

醸造に関しては、何よりもブドウを尊重することを大切にしています。ワインがテロワールとその独創性を最大限に表現できるように、人為的介入を最小限にしています。ブドウは野生酵母で自発的に発酵され、スーティラージュも必要な場合にしか行いません。SO2も必要最低限のみ添加するだけです。ワインはアルザス伝統のフードルで醸造されます。フードルでは大きな澱が樽の底に沈殿し、細かい澱が広がるいい利点があります。ドメーヌのワインは全てエコサートの認証を受けています。

Riesling Lerchenberg

手摘みで収穫したブドウをソフトにゆっくりと圧搾し、フードル・アルザスシエンヌで野生酵母のみでブドウ以外には何も加えず、SO2も添加せず自然に発酵。発酵終了後、シュール・リーの状態で翌年の9月まで熟成。無清澄・ノンフィルターで瓶詰め。
SO2は瓶詰め時にごく少量のみ添加。2018ヴィンテージの総生産量は1,860本。

 

輸入元:VIVIT

詳しくは下記輸入元の紹介ページをご覧ください。

http://www.vivit2012.co.jp/cn7/louismaurer.html

 

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい