ヴァンサン ルグー / ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ レ ボー モン リュソ モノポール 2015 (フランス/ブルゴーニュ)

FRR0013815
FRR0013815
FRR0013815
在庫状態 : 在庫有り
¥4,700 ¥4,030(税別)
数量

ヴァンサン ルグー / ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ レ ボー モン リュソ モノポール 2015(赤)

(FRR0013815)

VT:2015

生産国:フランス

生産地:ブルゴーニュ

葡萄品種:ピノ ノワール100

コメント【商品説明】:

安かないけど飲む価値はあります。

DRC卒業生のワイン。祖父、父が生涯をDRCで…って、そういう肩書ってそこかしこで見かけたりもする訳ですが、結局の所その本人のワインが美味しくないと話題にもならない事もしばしば。

「オート コート ド ニュイにしちゃあ高いじゃないの」って感想が出てきた方は次に「オート コート ド ニュイでモノポール名乗るってどうなのよ?」って感じるんでは無いでしょうか。わざわざモノポールって書かなくても、そもそもオート コート ド ニュイの畑名入りの区画はほとんどモノポールだったりするじゃないの?って、僕でも思っているのです。

それでも作り手がわざわざモノポールって書こうと思ったのは、その土壌が優秀だったからに他ならないのでしょう。コート ド ニュイに沿って広がる、広域AOCのオート コート ド ニュイですが、読んで字の如くレ ボー モン リュソという彼の単独所有畑は、Vosne-Romanée 1er Cru Les Beaux Montsの北西に位置する秀逸な畑なのでした。

でも、決してヴォーヌ ロマネのボー モンと比べたりはなさいませんように。そこには決定的なギャップがありますが、お値段もその分格安ですし。「栽培も醸造も原則DRCと同じです」と彼は話しますが、もちろん全く別のワインです。自然派と言えど不自然にならず、土地のありのままの表現がワインに直接反映しているという観点では完全に一致してはいるのですが。

とても優しいワインです。しなやかな質感はとても好印象。絞りっぱなしで素直にワインになったんだろうなって感じです。香りも立ちやすいので、ピノ好きな方には是非お試し頂きたいなという事で、ご紹介です。

 

以下、輸入元コメントです。

アンリ・オーディフレッドがロマネ・コンティとラ・ターシュの栽培を担当していた頃、主にグラン・エシェゾーとエシェゾーの栽培を担当していた同僚の名を、ヴァンサン・ルグーといいました。

いずれも生涯にわたってDRC社に勤務した祖父ジェラルド、父ジャッキーに続き、1998年に丁稚としてDRC社入りした彼は、栽培から醸造、熟成、出荷まで幅広く従事した後に正社員となり、オーディフレッドと並ぶ若手のエースとして、グレート・ヴィンテージ2005年のぶどう栽培などを全うしました。

2006年、都合8年間務めたDRC社を退社した彼は、ヴォーヌ・ロマネ村から畑を上がった隣村コンクールに所在する実家のドメーヌに戻って土壌改良などを行った後、2008年、正式にドメーヌを継承して本格的に自社ビン詰めを開始。

ここに、「ドメーヌ・ヴァンサン・ルグー」が誕生しました。

翌年からビオロジー栽培への切り替えを開始し、2010年から完全ビオロジー栽培となりました。
「栽培も醸造も、除梗率や新樽率などを除いて、基本的にはDRCでやってきたことをそのまま行っています。最も大事なことは、observation(オプセルヴァシオン/観察)。すべてにおいて、自分の目で見て確認するということです」。

理想とするワインは、「エキスがたっぷりと抽出されていて、かつ、濃くなく上品なワインです」(以上、ヴァンサン・ルグー)。

尚、親子3代にわたって勤めたDRC社との人的関係は今も深く、独立後しばらくは、同社オーナーのオベール・ド・ヴィレーヌ、および醸造長ベルナール・ノブレの両氏も連れ立って彼のドメーヌを試飲に訪れ、「価値ある助言」をしてくれたそうです。

 

輸入元:ヌーヴェル セレクション

詳しくはこちらの輸入元ホームページでもご確認頂けます。

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい