オーディフレッド / ブルゴーニュ (フランス/ブルゴーニュ)

FRR0024618
FRR0024618
FRR0024618
在庫状態 : 在庫有り
¥9,800 ¥8,780(税別)

(税込¥9,658)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

オーディフレッド / ヴォーヌ ロマネ 2018 (赤)

(FRR0024618)

VT:2018

生産国:フランス

生産地:ブルゴーニュ

葡萄品種:ピノ ノワール100

コメント【商品説明】:

DRC出身者のラターシュ隣接のピノ。

DRC経験者のワインってのは良く見かけますが、元正社員って事になるとそんなに多くは有りません。しかもお膝元のヴォーヌ ロマネ。

だからといってこのワインがDRCのワインそのままかって言えばそんな事は無くて、でも、素直に品種と村の特徴を表現しているとても良いワインだと思います。DRCのロマネコンティを飲んだことがある方も、まだこれからと言う方も、どちらにも楽しんでいただけるのではないかと。

 

2018年のブルゴーニュ、上の方のキュヴェの状態が抜群です。

霜に悩まされたボルドーやアルザスとは対照的に、数十年ぶりに記録的な大豊作となった2017年のブルゴーニュ。何を飲んでも美味しいと評判でした。2018年はそれよりも果実味が乗ってくる印象に。ただ、酸もしっかりと内包されているものが多いので、凝縮感まで求められるような上位クラスのワインが、とんでもなく素晴らしい状態の物が目立つと話題です。

造り手の経験や信念が試されるヴィンテージとなった様ですが、何でもかんでも美味しいって事と同じくらい、ちょっと苦労して見つけたって時の方が感動も大きくなる事もあるでしょうから、結局はかなり注目をせねばならないヴィンテージになりました。

 

 

以下、輸入元コメントです。

Audiffred

アンリ・オーディフレッドはもともとDRC社の12人の正社員のひとりで、ロマネ・コンティとラ・ターシュの栽培を担当しながら(別のスタッフがリシュブールとロマネ・サンヴィヴァンを、さらに別のスタッフがグラン・エシェゾーなどそれ以外を担当)、醸造にも携わっていた同社のエースでした。

2003年、ヴォーヌ・ロマネ村の入口付近にある実家のドメーヌを継承し、その後数年間、二足の草鞋で休日も休まず働いていました。そして2007年2月、14年間勤めたDRC社を退社し、いよいよ自身のワイン造りに邁進することになりました。

栽培においてはDRC社で培ったノウハウを存分に活用しており、ロマネ・コンティばりの凄まじい手入れがなされた彼の畑を見ると、思わず笑みがこぼれてしまうほどです。「畑仕事では、どんな小さな点にも妥協しません。すべてを完璧に行ってはじめて、テロワールの特性をくっきりとワインに表すことができます」。醸造は、「DRCでやってきたことをベースにしていますが、極力手をかけず、ナチュラルに造っています」。

オーディフレッドのワインは総じて淡い色合いで、ピュアで繊細な果実味が口の中に優しく広がります。それでいて、大地の滋養を感じるたっぷりとしたエキスのうまみをご堪能いただけます。

 

Vosne-Romanée Aux Champs Perdrix

「オー・シャン・ペルドリ」は、小道を挟んで「ラ・ターシュ」の斜面上側に接する畑です。0.31ha。平均樹齢約60年のVV。約18ヶ月間の樽熟成。

 

※詳しい情報は輸入元のHPをご覧ください。

輸入元:ヌーヴェルセレクション

https://www.nouvellesselections.com/winery/detail.php?post_id=1000065

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい