アロイス ヘレラー / ハイデ ゲルバー ムスカテラー2018 (オーストリア)

ORB0001718
ORB0001718
ORB0001718
在庫状態 : 在庫有り
¥2,980 ¥2,660(税別)

(税込¥2,926)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

アロイス ヘレラー / ハイデ ゲルバー ムスカテラー2018(白)

(ORB0001718)

VT:2018

生産国:オーストリア

生産地:ニーダーエスタライヒ

葡萄品種:ゲルバー ムスカテラー(マスカット)100

コメント【商品説明】:

辛口のマスカット。

個人的には常に手元に置いておきたい辛口マスカット。甘口のワインが売れなくなってきているからなのか、日本でも見かける事がだいぶ増えてきましたよね。

香りはマスカットの代名詞でもある、ブドウそのものの甘美な香りがグラスの中いっぱいに広がりますが、味わいは辛口。香りと味のギャップがなんとも面白いのです。

ワインが苦手という方でも楽しく飲んで頂けると思いますから、数人集まってワインを飲む時なんかにもおすすめですし、香りの誘発効果はペアリング相手のお食事の香りもきっと盛り上げてくれます。バターとか、きのことか、口に入れる前に思わず香りをかいでしまいたくなる様な食材とご一緒にお召し上がりいただくと良いかと。

もちろん、ワイン単体で充分楽しめるワインでもあります。すごい、まさしく万能。

 

以下、輸入元コメントです。

Weingut Alois Hollerer

【風味豊かなグリューナー・ヴェルトリーナーで知られる地域、カンプタール】

ドナウ川に向かって南北に流れるカンプ川からその名を取るワイン産地。温かい日中と涼しい夜間の珍しいコンビネーションがカンプタール特有の果実味豊かな溌溂としたワインを育てています。また、古生代の地殻変動による圧力や熱によって変化を受け風化した原成岩土壌からはピュアで弾けるようなグリューナー・ヴェルトリーナーが、そして氷河に期に削られた土壌が風に吹かれ堆積したレス土壌からは豊かな果実味と透明感のあるワインが作られています。 生産者のヘレラー家は200年以上も昔から続くオーストリアならではの家族経営のワイナリー。オーストリア国内で最も多くのワイナリーが集まる町・ランゲンロイスの南東にあるエンガブルンで代々から培われてきた経験と知識を尊重したワイン作りを行っています。現在、ワイン作りを行っているのは7代目のアロイス・ヘレラー氏。彼はオーストリアにあり世界的にも有名なワイン学校、クロスターノイブルグを経て南アフリカとドイツでも修行をし、その経験をワイン造りに活かしています。彼の作るワインは、一言でいうなればピュアで安心感。

 

Haide Gelber Muskateller

ゲルバー・ムスカテラーはミネラル感あふれる地場品種

このワインの名前「ハイデ」は、放牧地を表す古来のドイツ語が語源となっています。片麻岩の上に黄土のわずかな層という土壌はあまり肥沃ではなく、その環境でも育つムスカテラーやリースリングが栽培されている畑で収穫。ステンレスタンクとアカシア樽を使用して発酵します。

色合いはうっすらと黄緑がかった淡黄色です。香りはニワトコの花とナツメグ。土壌由来のミネラルを感じ、口当たりはドライ。バランスのいい酸とパッションフルーツのニュアンスを感じるエレガントな白ワイン。

 

詳しくは輸入元HPをご覧ください。

アロイス ヘレラー

輸入元:アズマ コーポレーション

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい