ステファンヌ ド スーザ / ムルソー レ ミルラン 2018 (フランス/ブルゴーニュ)

FRB0018418
FRB0018418
FRB0018418
在庫状態 : 在庫有り
¥9,200 ¥8,240(税別)

(税込¥9,064)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

ステファンヌ ド スーザ / ムルソー レ ミルラン 2018 (白)

(FRB0018418)

VT:2018

生産国:フランス

生産地:ブルゴーニュ

葡萄品種:シャルドネ100

コメント【商品説明】:

小規模だから出来る愛の注入。

2015年に父から継承した2.5haの畑に植わるシャルドネとの対話を大切に、ブドウの樹一本一本と向き合う覚悟で挑みます。

より自然なアプローチを心がけ、必要のないものはそぎ落とし、研ぎ澄まされた生粋のムルソー。太陽のヴィンテージ2018、ムルソーにとってはとても良い年となりました。

 

以下、輸入元コメントです。

Stéphane de Sousa

ステファンヌ・ド・スーザは、大学でファインケミストリー(精製化学)を修めた後、10年間にわたって製薬関係の仕事で国際的に活躍していましたが、母から受け継いだヴォルネイの名門ブレ家の血、そして父が1985年にムルソー村に設立したドメーヌでアルバイトをした幼少期の幸福な思い出を源として、2012年、ムルソー村にメゾン「ラ・ロッシュ・ブリュレ」を設立しました。2012年から2014年までの3年間はぶどうを購入してワインを造っていましたが、2015年にお父さんから畑を継承したことで、「ドメーヌ・ステファンヌ・ド・スーザ」を設立。以降は自社畑のぶどうからのワイン造りに一本化しています。

「全部で2.5ヘクタールしかありませんので、1本1本のぶどう樹の特性がすべて頭に入っています。月のカレンダーなど一部ビオディナミの手法も採り入れながら、各AOPの最高レベルのぶどうを収穫することを目指しています。長年薬学の世界に身を置いていたこともあり、化学肥料や化学的に合成された農薬の使用に強い抵抗があります。また、醸造におけるSO2の使用についても、必要最小限の極少量にとどめています。La Nature decide (すべては自然が決めます)。私たちは、それぞれの土地の個性、そして各ヴィンテージの個性がワインに描き出されるよう、ささやかなお手伝いをするだけなのです」。

フランスワインガイドの金字塔「ベタンヌ+ドゥソーヴ」にも早々と所載され、その中でミッシェル・ベタンヌは、「栽培も醸造も、最大限自然に寄り添ったものである」と述べています。

 

Meursault Les Millerands

0.6ha。砂利質基板の粘土石灰質土壌。樹齢約35年。樽で発酵後、12ヶ月間熟成(新樽率20%)。

 

輸入元:ヌーヴェルセレクション

https://www.nouvellesselections.com/winery/detail.php?post_id=1002232

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい