ジト / ブルゴーニュ ルージュ ラ ビュシェール (フランス/ブルゴーニュ)

FRR0022717
FRR0022717
FRR0022717
在庫状態 : 在庫有り
¥4,400 ¥3,950(税別)
数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

ジト / ブルゴーニュ ルージュ ラ ビュシェール 2017(赤)

(FRR0022717)

VT:2017

生産国:フランス

生産地:ブルゴーニュ

葡萄品種:ピノ ノワール100

コメント【商品説明】:

一気にご紹介。残りわずかな2017ACブル。

後日追記。

 

2017年のブルゴーニュ、買うなら「今」です。

このページをお客様がご覧になるのがいつかはわからないのですが、最良の年のブルゴーニュの買い時は、だいたい常に「今」ですから。

ただ、そろそろリリース時に出てきた2017年のブルゴーニュは完売します。あとは、どこかの誰かがストックしたバックヴィンテージがそのうちにリリースされますが、当然の様に価格はあがります。リリース価格で楽しめるのはまさに「今」だけのおたのしみ。

ブルゴーニュ好きの方からは近年でベストの年になるのではないかと呼び声高い2017年。雨が少なく風味と酸味が凝縮した2015年、霜に泣き大幅な減産となった2016年、バランスを取りながら果実味の豊かさが楽しめこれまた評価の高い2018年、リリースはまだ先ですが暑かった中で酸も維持しやや収量の落ちた2019年。どれも控えめに言っても良い年になりそうな気配は有るのですが、2017年がなんでそこまで注目されるのか。

風味は豊かなのにミネラルも豊富、おしとやかな酸が細く長く続く余韻を楽しませてくれ、なにより収量も多く豊作。豊作だとたくさんブトウが採れるから希少価値が下がるんじゃないの?って心配なんてどこ吹く風、抜群のバランスで需要は高まり、早く飲んでも熟成させてもその時々で香りの変化を見せてくれる。ビックヴィンテージに聞かれる条件がすべてそろっているので、関係者は両の手を挙げて歓迎しているのです。

もう、飲まれた方も多いとは思いますが、まだの方はお試しに何でもいいので飲んでみましょう。若いですが、香りが液体から溢れるのを我慢しているかの様な、素敵なワインがそこにあるはずです。

 

 

以下、輸入元コメントです。

Zito

ベルナール・ジトは、ボーヌ市の栽培・醸造学校「CEPPA」の先生として数多の醸造家を育てた後、「ボワセ・グループ」の栽培長として、金字塔「ドメーヌ・ド・ラ・ヴージュレー」のビオディナミ転換の指揮を採りました。2008年にビオロジック栽培とビオディナミに特化したコンサルタントとして独立し、以降現在に至るまで、ヴォーヌ・ロマネの「ヴィコント・リジェ・ベレール」や「アルヌー・ラショー」、「クロ・ド・タール」といった錚々たる生産者の栽培を指導しています。

2010年、自然派ブルゴーニュワイン特化型メゾン「ジト」を設立。以降、フェルマージュによる自家栽培(ビオディナミ)の他、関わりの深い秀逸なヴィニュロンに指導栽培(ビオロジック)してもらったぶどうから、著しく完成度の高いワインを造り出しています。

「多くの生産者、多くのワインに関わってきましたが、最後は私のワイン人生の集大成として、私自身の手で、私が本当に飲みたいと思うワインを造ります」。

その作品は、エレガントにして濃密。上質なシルクのように滑らかな口当たりと、永遠に続くかと思われるような長く、深い余韻を特徴とします。

余談になりますが奥様のエピソードを。

ベルナールは「CEPPA」の先生時代に、校長先生の娘さんでもあった同僚のフローレンスさんと職場結婚しました。奥様がサン・ニコラ・レ・シトー村に所有していた小さなアパートに、当時同校で机を並べて学んでいた仲田さんご夫妻が住んでおりました。(小麦粉、キャベツ、トマトピューレだけで1ヶ月間しのいだ等、数々の武勇伝が残る伝説の時代・・・。この間、フローレンスさんの義兄である「オスピス・ド・ニュイ」の大醸造長、ジャン・マルク・モロンに個人的に手ほどきを受ける僥倖にも恵まれました)。

公私ともに「ルー・デュモン」の設立を支え応援してくれた、マダム・フローレンス・ジト。現在はサン・ニコラ・レ・シトー村の村長さんとして活躍されています。

Bourgogne Rouge La Bussière

クレッセ村のACブルゴーニュ区画「ラ・ビュシエール」からのピノ・ノワールをぶどうで購入して自家醸造。ビオロジック栽培。平均樹齢60年のVV。収量40ha/ha。除梗率70%。ステンレスタンクでアルコール発酵後、40%をそのままステンレスタンクで、60%を樽でマロラクティック発酵&12ヶ月間熟成(新樽率10%)。

 

輸入元:ヌーヴェル セレクション

詳しくはこちらの輸入元ホームページでもご確認頂けます。

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい