ベルナール エ ドミニク マルタン / ミュスカデ フレンチー ナチュール 2022 (/ロワールフランス)

FRB0031022
FRB0031022
FRB0031022
在庫状態 : 在庫有り
¥3,000 ¥2,690(税別)

(税込¥2,959)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

ベルナール エ ドミニク マルタン / ミュスカデ フレンチー ナチュール 2022(白)

(FRB0031022)

VT:2022

生産国:フランス

生産地:ロワール

葡萄品種:ミュスカデ100

コメント【商品説明】:

じめっとしていても美味しいワインです。

【3月から11月はチルド便必須】常温便でご購入の方には、追加でチルド料金を計上させていただくか、キャンセルのお願いをさせて頂きます。ご了承ください。

ロワールの西の方、なんだかいつも雨がちなナントらへん。ワインバーに入って「ミュスカデください」って言うと、「おいおい、日本からわざわざ来たのにミュスカデなんて飲むなよ」って言われてしまう不思議なところ。

でもでも、飲みたいんです現地で。

そんな気持ちを日本にいながら満たす事ができるのは、あるいみこういったワインなのかもしれません。

 

僕は、SO2は必要悪だと思っていて、少しくらいなら入っている方が安心だなって持ってます。むしろ、SO2入ってないワインなんて、よっぽど信用してる酒屋さんでないと買いませんし、飲食店でも頼みません。保管や輸送の保証がなければお店用に仕入れるなんて事は絶対に出来ません。

その辺が、ばっちりクリアで来るのなら、選択肢としてはSO2無添加であっても他のワインとは変わらずに選択肢となり得ます。

無添加かどうかではなくて、純粋に美味しくってコスパ抜群なワインを造る彼らが、勝負に出た様な価格のミュスカデを出して来たって所が楽しみ過ぎて。もう、それだけで即採用。さあ、皆さん飲んで飲んで。僕も早く飲みたい!

 

以下、輸入元コメントです。

Bernard et Dominique Martin

パリの南西、ロワール川河口にある都市ナントから車で東に約30分。サンフィアクル・シュル・メーヌ(SAINT-FIACRE SUR MAINE)村にあるドメーヌです。サンフィアクル・シュル・メーヌは家々が集まっている3か所のコミューンからなり、その内の1つにドメーヌがあります。ここはセーヴル川とメーヌ川の間に位置しています。初代は葡萄を売って生計を立てていましたが、1952年にドメーヌを設立しました。現在は3代目のドミニク・マルタンがワイン造りを行っています。彼の父親であるベルナールも、現役で共にワイン造りから販売まで行っています。所有面積は35ha。(グロプランが2ha 、ミュスカデが33ha)土壌は片麻岩がメインです。ミュスカデは1932年~1974年前後に植樹され、3分の1ほどは伝統的な製法のマルコタージュ(取り木)で株を増やしています。マルタンでは古木や病気などで葡萄がダメになった際、その株ごとを新しい苗木を植えるのではなく、約3aごとに改植を行っています。植え替えの際、ミュスカデVV用の区画では植樹から3年で収穫・醸造が可能ですが、モニエール・サンフィアクルの区画では植樹から7年を要します。

Frenchy Nature

2022年がファーストヴィンテージ。収穫量は35hl/haと低収穫。収穫後すぐに空気圧プレスで圧搾し果汁だけを抽出。ステンレスタンクで発酵の後、オリと共に熟成して瓶詰め。瓶詰め時のSO2は無添加。

レモンの思わせるフレッシュな柑橘系の香りに爽やかで溌剌とした酸が感じられる、軽快な口当たりの白ワインです。

 

輸入元:アズマコーポレーション

詳しくはこちらの輸入元ホームページでもご確認頂けます。

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい