ラ ロッシュ ボークール / ボルドー シューペリウール 2019 (フランス/ボルドー)

FRR0045019
FRR0045019
FRR0045019
在庫状態 : 在庫有り
¥2,210 ¥1,920(税別)

(税込¥2,112)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

ラ ロッシュ ボークール / ボルドー シューペリウール 2019(赤)

(FRR0045019)

VT:2019

生産国:フランス

生産地:ボルドー

葡萄品種:カベルネ フラン100

コメント【商品説明】:

ボルドーのワイン業界全体で取り組む、サスティナブルへのアプローチ、Haute Valeur Environnementale (HV)認証。これはすでに他の地域、他の産業とは比べ物にならないくらいに普及しています。

無理なく気候変動に対応しながら、安定したワイン用ブドウの収穫を維持する為、2019年にボルドーで下記の品種が使用可能になったのは記憶に新しい所です。

赤ワイン用4品種:
アリナルノア(灰色カビ病に強い)
カステ(南西地方原産で、灰色カビ病、ウドンコ病、ベト病に強い)
マルセラン(晩熟のため、春霜を逃れられる。灰色カビ病、ウドンコ病に強い)
トウリガ・ナショナル(ポルトガル原産、晩熟のため春霜を逃れられる。いろいろなカビ病に強い)

白ワイン用3品種:
アルヴァリーニョ(灰色カビ病に強い)
リリオリラ(灰色カビ病に強い)
プティ・マンサン(ピレネー・ザトランティック原産、灰色カビ病に耐性がある)

( ↑ https://www.ecoleduvindebordeaux.com/ja/sustainable_wine_qa/ より抜粋)

今回ご紹介するカベルネ フラン100%のボルドーも、伝統の革新を受け入れるボルドーと、それを強要する世界のワイン市場の流れの中で日本に到着しているのでしょう。

(ただ、カベルネ フランが好きなだけなんですよね?ってご意見は、甘んじてお受けしますけども)

ボルドーならではのフランの密度もありますので、そこそこのマスキング効果は発揮されてはいるものの、奥に香るフランの青さは気になる方には気になる要素でしょうし、それはそれで好きなんですよねって方にはちょうど良い位といった所。

ボリューム担当のメルローに頼らずに、バランスの取れたワインが出来てしまうっていうのは、やっぱり温暖化の影響も有るのでしょう。

そんな転換期に現れたボルドーのフランです。お試しあれ。

 

アストルさんのボルドーワイン。

吉澤ワイン商店で取り扱うボルドーワインのほとんどは、ボルドー専門インポーターの「アストル」さんから仕入れています。

アストルさんで働く皆さんは根っからのボルドー好き。それもそのはず、ボルドーに住み、ボルドーで学んでいた仲間が、ボルドーの魅力を伝える為に立ち上げた会社です。なので、ボルドーワインに対する愛の深さは、お仕事でワインを取り扱う商社の方とはちょっと異なりますし、何しろ日本に引っ張ってくるワインのセレクトが素敵で尚且つ美味しい。

現地で深く掘り下げた人脈は、生産者だけでなくボルドーワインの取扱いに於ける最重要ファクターのネゴス(仲買いのネゴシアン)にまで及び、星の数以上のボルドーワインの中から一際輝くきら星をセレクトされています。

ボルドー市内の「レクスキ」という日本人シェフのレストラン(https://www.restaurantlexquisbordeaux.fr/ja/)と、神保町で「レピック」というボルドーワインバー(http://www.lepique.jp/)もやっています。私がボルドーにいった時も名だたるシャトーにヴィジットのアポイントを取って頂き、公私ともに大変お世話になっています。もう、アストルさんのワインは全部仕入れちゃいたいくらいなのですが、セラーの容量をお財布の都合で我慢我慢。

数が多すぎ、ラベルで内容が分かりにくい、安いものにはハズレがある、輸入経路によっては劣化している、同じシャトーで同じヴィンテージなのに値段がまちまちなど、市場の需要が高くクラシックであるが故に購入時に二の足を踏んでしまう要素が多いボルドーワインですが、「アストルさんの輸入しているものから選ぶ」って事が取り急ぎの道しるべになるって事は、自信を持ってお伝えできます。アストルさんの手を離れた後、ワインショップさんの保管状態が良くなかった場合を除いては。

 

Specialiste en Vins de Bordeaux

ボルドーの魅力、それは王道であること

↑毎月届くアストルさんのカタログのタイトルが大好きです。アストルさんの進む道が王道になる日は、そう遠くないのかもしれません。

 

La Roche Beaucourt 2019

アントル・ドゥ・メール地区の東の果て、マルグロンのコミューンにあるシャトー・ピエライユ。

この地はセギュール家やブライアンソン家などの銘家の所有を経て、1970年から現在のデュモンショー家の所有となりました。

250ヘクタールの広大で起伏に富んだ土地には、南東向きの90ヘクタールのブドウ畑に、17世紀に建てられた城館や整備されたフランス式庭園の他、日当たりの良い斜面を刻んだ小川や生態系を守る湖、森などが広がっています。ラ・ロッシュ・ボークールは、リュット・レゾネで栽培されたカベルネ・フラン100%から造られるワインで、華やかでエレガントな香りが際立ち、フレッシュさ、きめの細やかさ、柔らかみのあるタンニンが特徴です。

 

 

アストルさん輸入のワインはこちらのボタンでも。

その他色々ございます

 

輸入元:アストル

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい