ボワジェ フレール / ヴォーヌ ロマネ オー ジャシェ 2020 (フランス/ブルゴーニュ)

FRR0025820
FRR0025820
在庫状態 : 在庫有り
¥14,600 ¥13,080(税別)

(税込¥14,388)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

ボワジェ フレール / ヴォーヌ ロマネ オー ジャシェ 2020(赤)

(FRR0025820)

VT:2020

生産国:フランス

生産地:ブルゴーニュ

葡萄品種:ピノ ノワール100

コメント【商品説明】:

なんとしても手に入れたい2020年のブルゴーニュ。

2020年、品質として2017年から好調の続くブルゴーニュですが、特にブルゴーニュらしいバランスの取れた年になりそうです。今まで試したものは総じて、「おぉ」とうなるものばかり。

ヌーヴォーの時に話題になりましたが、2021年が壊滅的な被害(気候要因)で、小規模の生産者では、2021年は自身のドメーヌではインを造らないと決断した人も多いと聞いています。そうなると、出色の出来の2020年は何としても手元に置いておきたいものですよね。

 

ヴォーヌ ロマネに立ち上がった新規ドメーヌ。

昨年から日本でも紹介されるようになった、ヴォーヌ ロマネに現れた新規ドメーヌ。やはり、(局地的に)相当な話題となりまして、瞬く間に完売となりました。

上位キュヴェは昨年と同等の数の確保が難しかったのですが、収量減と話題性を鑑みれば、少しでも手元に来た事をまず喜ばねばと思っております。

数が少ない為、お一人様1本までの限定とさせて頂きます。ご了承ください。

 

かのドメーヌと分かち合う畑。

ヴォーヌ ロマネに新しくドメーヌが立ち上がったって事だけでもそれなりの出来事ではあるんですが、日本の酒屋さん達が我先にと注文した理由は、このドメーヌがこの畑を所有していたからに他なりません。

もともと、こちの畑で造られるワインが日本に紹介されるのは、ドメーヌ ビゾの造るワインだけでした。マスター オブ ワインのジャスパー モリスの著書「ブルゴーニュ大全」にはこう記してあります。

『オー・ジャシェ(1.33ha) 村落の中心のすぐ下にあるオー・ジャシェは、この畑の半分以上を所有するジャン=イヴ・ビゾだけが単独でワインにしている。土壌中の砂利の量にばらつきがあることから、畑内のテロワールが一定ではないと考えられる。』

ボワジェ フルールがわずかに0.28ha。半分以上がビゾさんですから、もうそんなに残ってないですよね。テロワールが一定でないという所が気になりますが、でもでも、ビゾさんのワインだったらお値段が段違いですから、一瞬にして完売したのも頷けます。

余談ですが、ビゾさん、以前に私がソムリエといして勤めていた焼鳥とワインのお店にふらっといらっしゃいまして、色々とワインのお話を聞きました。仲良くなったので「うちにもビゾさんのワインが欲しいんだけど」って言ったら「分けてあげたいんだけど毎年なくなっちゃうんだよね」と即答でお断りされました。

その後もビゾさんのワインは手に入れられていませんが、同じ畑のワインが手元にあるって事で一歩前進です。

 

 

以下、輸入元コメントです。

Boigey Frères

ヴォーヌ・ロマネ村に1850年より続く屈指の名門「ノワロ家」の最終継承者となった二人姉妹のうち、ボワジェ家と婚姻を結んだ長女ルシエンヌ・ノワロが相続した、選りすぐりの名区画。当時の諸事情により、長らくは次女エレーズが嫁いだ「マニエール・ノワロ」(現「リシャール・マニエール」)にフェルマージュ賃貸していましたが、ルシエンヌの二人の息子たち、同村の「モンジャール・ミュニュレ」等でワイン造りに従事していたオリヴィエとギヨームの兄弟は、2017年、フェルマージュ契約期間の満了とともにすべての畑を回収し、満を持して自身のドメーヌを設立することを決断。翌2018年、世代交代に依らない同村の純然たる新ドメーヌとしては極めて久しぶりとなる、「ドメーヌ・ボワジェ・フレール」が誕生しました。

「先祖が遺してくれた大いなる遺産を、私たち自身の手で開花させる時がようやく訪れました。私たちはブルゴーニュワインに携わってきたすべての先人たちを敬い、ブルゴーニュの伝統的精神に則ったワイン造りを実践していきます」。

「小さい頃から畑の中で育ってきたので、環境保全とサステナビリティに高い関心を持っています」という兄弟は、畑の回収直後から、それまでのリュット・レゾネ栽培を発展させる形ですべての化学肥料と農薬の使用を停止。2021年にはHaute Valeur Environnementale(高い環境価値)」の最高段階「レベル3」の認証を取得する予定です(現在申請中)。また将来的には、セレクション・マサル(マス選抜)の実施も予定しています。

醸造においては、SO2以外の添加物を使用しないことをフィロソフィーとしています。「多種多様な添加物を使って、“今風の濃い味わい”のワイン造りを薦めてくるエノログ達の言うことは一切聞かないようにして(笑)、とにかくワインから目を離さずに、ナチュラルに醸造します。SO2も必要最小限しか使用しません」。

ファーストヴィンテージの2019年は彼らが目指した通りの見事なクラシック・ブルゴーニュで、薄旨、艶やか、エレガント。これぞブルゴーニュという味わいです。「ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ レ・シュショ」と「ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ レ・ブード」は2021年ヴィンテージから、「エシェゾー」は2022年ヴィンテージからのリリースを予定しています。

たくさんのラグビー仲間がいる陽気なオリヴィエ(写真上)と、山(トレイルランニング)を愛するはにかみ屋のギヨーム(写真下)。2人とも、畑仕事で鍛えられた、傷だらけのグローブのような手をしています。貴族的な生産者が多いと言われるヴォーヌ・ロマネ村にあって、ひとりの人間としても深く共感できる兄弟です。

 

Vosne-Romanée Aux Jachées

0.28ha。平均樹齢40年のVV。収量は35hl/ha。ステンレスタンクでアルコール発酵後、新樽率50%でマロラクティック発酵&14ヶ月間樽熟成。

 

※詳しい情報は輸入元のHPをご覧ください。

輸入元:ヌーヴェルセレクション

⇒https://www.nouvellesselections.com/winery/detail.php?post_id=1002485

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい