シャトー ラ トゥール ラスピック / ポイヤック (フランス/ボルドー)

FRR0026013
FRR0026013
FRR0026013
在庫状態 : 在庫有り
¥4,140 ¥3,590(税別)

(税込¥3,949)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

シャトー ラ トゥール ラスピック / ポイヤック 2013(赤)

(FRR0026013)

VT:2013

生産国:フランス

生産地:ボルドー

葡萄品種:カベルネ ソーヴィニヨン60、メルロー40

コメント【商品説明】:

オー バタイエのセカンドラベル。

名前がですね、紛らわしいんですよね。途中までしか読まないと、びっくりしちゃいますよね。桁が違いますからね。

でも、だからといってニセモノかというとそうでは無くて、評価の高い格付シャトー「オー バタイエ」のセカンドラベルです。シャトーを所有するのはこれまた評価の高い「グラン ピュイ ラコスト」を所有するボリー家。

そんな事を聞いてると、ニセモノなんかには見えなくなってきますよね。

知る人ぞ知る、穴場のお値打ちボルドーがこちらです。

2013年、早く熟成進むのでもう飲み頃です。お家で楽しむ最高の贅沢、それは飲み頃の信頼のおけるボルドーのコルクを抜く瞬間かもしれません。

 

アストルさんのボルドーワイン。

吉澤ワイン商店で取り扱うボルドーワインのほとんどは、ボルドー専門インポーターの「アストル」さんから仕入れています。

アストルさんで働く皆さんは根っからのボルドー好き。それもそのはず、ボルドーに住み、ボルドーで学んでいた仲間が、ボルドーの魅力を伝える為に立ち上げた会社です。なので、ボルドーワインに対する愛の深さは、お仕事でワインを取り扱う商社の方とはちょっと異なりますし、何しろ日本に引っ張ってくるワインのセレクトが素敵で尚且つ美味しい。

現地で深く掘り下げた人脈は、生産者だけでなくボルドーワインの取扱いに於ける最重要ファクターのネゴス(仲買いのネゴシアン)にまで及び、星の数以上のボルドーワインの中から一際輝くきら星をセレクトされています。

ボルドー市内の「レクスキ」という日本人シェフのレストラン(https://www.restaurantlexquisbordeaux.fr/ja/)と、神保町で「レピック」というボルドーワインバー(http://www.lepique.jp/)もやっています。私がボルドーにいった時も名だたるシャトーにヴィジットのアポイントを取って頂き、公私ともに大変お世話になっています。もう、アストルさんのワインは全部仕入れちゃいたいくらいなのですが、セラーの容量をお財布の都合で我慢我慢。

数が多すぎ、ラベルで内容が分かりにくい、安いものにはハズレがある、輸入経路によっては劣化している、同じシャトーで同じヴィンテージなのに値段がまちまちなど、市場の需要が高くクラシックであるが故に購入時に二の足を踏んでしまう要素が多いボルドーワインですが、「アストルさんの輸入しているものから選ぶ」って事が取り急ぎの道しるべになるって事は、自信を持ってお伝えできます。アストルさんの手を離れた後、ワインショップさんの保管状態が良くなかった場合を除いては。

 

Specialiste en Vins de Bordeaux

ボルドーの魅力、それは王道であること

↑毎月届くアストルさんのカタログのタイトルが大好きです。アストルさんの進む道が王道になる日は、そう遠くないのかもしれません。

 

アストルさん輸入のワインはこちらのボタンでも。

その他色々ございます

 

 

以下、輸入元コメントです。

Château La Tour L’Aspic

シャトー・グラン・ピュイ・ラコストなども所有する名門ボリー家の格付け5 級シャトー・オー・バタイエのセカンドラベル。

ポイヤック南部CHラ・トゥールやピションの内陸側に位置し、生産量も比較的少ない為知名度は他のグランクリュシャトーに劣りますが、クラシカルさと繊細さを持ち合わせたオー・バタイエのスタイルはワイン好きに人気を博し、設備投資やグザビエ・ボリー氏の管理により近年評価を上げているシャトーです。

セカンドラベルであるシャトー・ラ・トゥール・ラスピックは、新樽 50% とファースト並みの比率のバリックにて14~16ヶ月熟成。豊かな果実味とスパイシーな風味に細やかで丸みのあるタンニンがバランスよく感じられます。

コストパフォーマンス良い人気の格付けシャトーのセカンドです。

 

輸入元:アストル

 

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい