サンティニ コレクティヴ / シャンプリット (フランス/その他の地方)

FRR0026419
FRR0026419
FRR0026419
在庫状態 : 売り切れ
¥3,900 ¥3,500(税別)

(税込¥3,850)

只今お取扱い出来ません

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

サンティニ コレクティヴ / シャンプリット 2019(赤)

(FRR0026419)

ヴィンテージ:2019

生産国:フランス

生産地:フランシュ コンテ

葡萄品種:ガメイ3/4、シャルドネ1/4

コメント【商品説明】:

※数量限定の為、お一人様二本までとさせて頂きます。

造ろうとして、こんなワインが造れたのならさぞや楽しい事でしょうに。

そんなワインを造っているのはアメリカ系フランス人、クリストファー サンティニ。その素性は伝説のアメリカ人ワイン商「カーミット リンチ」に見いだされ、その元で働く現役のスタッフ。日々会社で買い付けている、最高のワインに触れる中で自身のワインの制作の意欲を燃やし、その両軸を綺麗に回していきます。

そんな彼が目指したのはヴァン ド ソワフ。軽い重い、甘い辛いの次の選択肢として注目される、【のどを潤す染み込む系】のワインです。

どのキュヴェも、彼のその意向がストレートに表現されている素直な表情。無理のないアプローチ。気軽にエントリー出来る優しさがボトルから、グラスから溢れだします。ただ、時折見せる「このヴィンテージでここまでポテンシャル上げてきますか?」ってギャップは、ワインがお好きな方にもお楽しみ頂けるものであるのではないかと思わせるところが、世のワイン商達の心を鷲掴みにするのです。

彼のワインのアイコンでもある、ややオールド ファッションなワインのラベルは1940~50年代の農薬に頼る農業が世界的に広まる前のワイン造りへのオマージュ。ただやみくもに自然だからいいとか、そういった観点では無く、広い様でピンポイントでもある彼のワインへの愛が詰まったとても飲む価値の高いワインとなっております。是非お試しください。

ガメイとシャルドネの痛快なブレンド。

飲むと、ついつい笑顔があふれてしまうのです。ほうほう、シャルドネ入れましたかって。そう来ましたかって。こういったブレンドが彼の視線の先にあるミッドセンチュリーに存在していたかどうかの記述はありませんが、きっと、どこかに有るのでしょう。とてもしっくり来ました。大好きですコレ。

シャルドネ入れただけでこんなに酸と余韻が綺麗に出ますかねって感じたのですが、資料を見て納得。シャンプリットはフランシュ コンテの村なんですって。ブルゴーニュよりも、少しジュラ寄りにある、かつてのワイン名産地。ああ、だから彼はこの地のブドウを買ったのかって。

ブレスの鶏の名産地。それ故にヴァン ド フランスのカテゴリー。ああ、だからこんな冒険的なブレンドでもいいのかって。

記念日にレストランでブレスの鶏やシャポンを食べながら飲むのは、もっと格のあるブルゴーニュになりそうですが、このワインを飲むと逆算的にブレスの鶏が食べたくなるのはなぜでしょう。DNAが呼応する、マリアージュへの誘い。そうか、こういう時にブレスのパンタードなんだなって、頭の中で見た目が対してかわらない鳥たちが大行進。

ブレスの鶏はレッド系。なかなか手に入る代物ではありませんから、地鶏でしたら系譜となる伊達鶏でいきましょう。鶏が食べたい…。塩で!

 

以下、輸入元コメントです。

SANTINI COLLECTIVE

目指したのはブルゴーニュの“ヴァン・ド・ソワフ”

サンティニ・コレクティヴは「カーミット・リンチ」のブルゴーニュ・オフィスでマネージャーを務めているクリストファー・サンティニが設立したミクロネゴスです。カーミット・リンチと共にフランス中の超一流ドメーヌのワインを味わってきたサンティニですが、驚くことに彼が目指したのは、グラン・クリュでもプリミエ・クリュでもなく、ブルゴーニュのヴァン・ド・ソワフでした。

1940~50 年代のナチュラルなワインへのオマージュ

サンティニ・コレクティヴでは、リージョナル・クラスの個性的なテロワールで、ビオロジックで栽培されたブドウを 100%全房で野生酵母で自発的に発酵させたナチュラルワインを造っています。プレゼンテーションもユニークで、ノスタルジーを感じさせるオールトスタイルです。これは 1940~50 年代にフランスで楽しまれていたワインのパッケージを復刻したものです。

 

クリストファー・サンティニとサンティニ・コレクティヴについて

サンティニ・コレクティヴは、Christopher Santini クリストファー・サンティニが 2013 年にブルゴーニュに興したミクロネゴスです。サンティニは、コルシカ出身の父とアメリカ人の母との間に 1978年シカゴで生まれました。ペンシルヴァニア州で幼少期を過ごしていましたが、毎年コルシカとプロヴァンスの親戚の下で夏のヴァカンスを過ごし、フランスとアメリカの二重国籍で成人しました。

クリスは放牧や野菜栽培、タバコ栽培の仕事を経験した後、21歳の時にプロヴァンスの叔父の下に 1 年間滞在しました。この時に、まだブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーのカップルが所有する前のシャトー・ミラヴァルでブドウ栽培とワイン醸造の仕事を経験しました。そこで、ワイン造りへの情熱が生まれたそうです。

その後、アメリカの大学に戻って学業を修めたサンティニは、2003 年に再びフランスに戻り、ボーヌでブドウ栽培とワイン醸造を学びます。当初は1~2年滞在するだけのつもりでしたが、醸造学校で今の妻と知り合ったこともあり、学業と並行してドゥニ・バシュレやフェヴレーなどのブルゴーニュのドメーヌで働き続けていました。そして、2006 年伝説のワイン商『カーミット・リンチ』と出会ったのです。ブルゴーニュのドメーヌに精通し、英語もフランス語も流暢に話すクリスを貴重な人材と思ったカーミット・リンチは、クリスをカーミット・リンチのボーヌ・オフィスの従業員に採用したのです。その後、クリスはボーヌ・オフィスのマネージャーとなり、カーミット・リンチと共に、コシュ・デュリやアルノー・アント、ヴィレーヌ、メオ、コラン、ラヴノー、ラピエールなどフランス中の超一流ドメーヌを訪問して数多くのワインを試飲し、現在もカーミット・リンチで働き続けています。しかし、カーミット・リンチで働きながらも、クリスは自分自身でワイン造りがしたいとの想いがどんどん膨らんでいったのです。

こうして、2013 年にミクロネゴスス『サンティニ・コレクティヴ』を設立したのです。

初ヴィンテージは2014年で、友人であるクリストフ・パカレの醸造所を間借りして僅か 200本のワインを造りました。2015年ではシャントレーヴのギョームと栗山朋子さんのセラーで醸造をしました。2016 年からはオークセイ・デュレスに本拠を移して自前の醸造所で本格始動しました。現在は年間約1万2千本のワインを造っています。

近年のブルゴーニュの新進気鋭のミクロネゴスは、コート・ドールのグラン・クリュやプルミエ・クリュなどの高額なキュヴェを手掛けるのが主流となっていますが、サンティニ・コレクティヴはそれとは対極のユニークなミクロネゴスです。なぜなら、ヴィラージュやプルミエ・クリュ、グラン・クリュのワインではなく、オート・コートやボージョレ、コトー・ブルギニヨン、コート・シャロネーズ、マコンなどのリージョナル・クラスのワインにのみ焦点を当てているからです。

もちろん、質の高いテロワールを求めていますが、2010年代に入り急激に高騰してしまったコート・ドールの著名な区画のブドウに高額な現金を支払う凄まじい価格競争はしたくないというのが理由の一つです。そして何よりも、クリス自身が、カーミット・リンチで働いてフランスのあらゆる高級ワインを味わった結果、最終的に、友人など気の置けない人達と気軽に楽しめる、喉の渇きを潤してくれる手頃で飲みやすい自然なワイン、いわゆる「ヴァン・ド・ソワフ」を造りたいとの想いに辿り着いたからです。

このようなことから、サンティニ・コレクティヴでは、リジョナル・レベルで興味深い個性的なテロワールの畑で、環境に配慮してビオロジックやビオディナミでブドウを栽培している造り手からブドウを購入して、その個性的なテロワールがワインに 100%表現されるように、全房のブドウを野生酵母で自然に発酵させたヴァン・ド・ソワフのナチュラルワインを造っています。

 

Champlitte

ディジョンの北西 30 キロ、コート・ドール県とシャンパーニュのマルヌ県との二つの県の境界にあるフランシュ・コンテ地方の村シャンプリットで 1985 年からビオで栽培されている畑のブドウから醸造。シャンパーニュと同じ白亜の石灰質土壌で、ガメィとシャルドネが混植されている平均樹齢 25 年の区画で、フィールドブレンドで 2 品種を一緒に収穫し、発酵・醸造。やや薄めの色合いで白ワインのニュアンスを備えた赤ワイン。アペラション:Vin de France ヴァン・ド・フランス

品種:ガメィ 3/4、シャルドネ 1/4
現行ヴィンテージ:2019 年
醸造:手摘みで収穫したブドウをその場で選果して購入。収穫したガメィの半分は全房でセメントタンクに入れ、残りの半分のガメイはシャルドネと一緒にダイレクトプレスし、その果汁をセメントタンクの全房のガメィのブドウの上に入れて、温度管理は行わずに、野生酵母のみで自発的にアルコール発酵を行う。圧搾した果汁は通常の発酵、果汁の中に沈められた全房のブドウはカーボニックマセレーションで発酵を起こし、ピジャージュもルモンタージュもフラージュ(破砕)も行わずに自然にマセレーションが行われる。また、全房のブドウが果汁に包まれているため、揮発酸も全く発生しない。10 日間のマセレーションの後、全てを圧搾して、ステンレスタンクに移し、シュール・リーの状態で自発的なマロ発酵と熟成。SO2 やその他の醸造添加物は一切加えずに醸造。無清澄、ノンフィルターで収穫翌年の初夏に瓶詰め。SO2 は瓶詰め後のワインのネガティブな反応を避けるために、瓶詰め時に限り必要最小限のみ添加。

2019 ヴィンテージの収穫日は 9 月 20 日。総生産量は 2,000 本。アルコール度数は 13.5
度。2021 年 4 月時点の SO2 トータルは 28mg /l。

輸入元:VIVIT

詳しくは下記輸入元の紹介ページをご覧ください。

http://www.vivit2012.co.jp/cn7/santinicollective.html

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい