プティ ボノーム / ピトル (/ロワール)

FRR0029720
FRR0029720
FRR0029720
在庫状態 : 在庫有り
¥3,300 ¥3,000(税別)

(税込¥3,300)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

プティ ボノーム / ピトル 2020(赤)

(FRR0029720)

ヴィンテージ:2020

生産国:フランス

生産地:プロヴァンス近郊リュベロン

葡萄品種:セリーヌ(シラーの古代品種=ピノ ノワールの原種説あり)

コメント【商品説明】:

フロールの香る白ワイン。

【チルド便必須】常温便でご購入の方には、追加でチルド料金(660円)を計上させていただくか、キャンセルのお願いをさせて頂きます。ご了承ください。

※数量限定の為、お一人様二本までとさせて頂きます。

ブドウ品種に記載されるセリーヌ。飲んだことない方も多いかと思いますが、吉澤ワイン商店でワインをご購入頂いている方は、知らず知らずのうちに飲んでいる可能性もあるんです。当店でも一二を争う人気の生産者、サンジョセフの勇「アントニーパレ」の畑に植わっているシラーの別名がそれです。

ローヌの奇才と呼ばれた先代のアラン パレが生前に言ってました。「うちのシラーはセリーヌ(ローマン シラー)って言って、ピノ ノワールの原種なんだよ」って。そう書いてある本は読んだことは無いのですが、僕にとってアランはワインの神様みたいなものなので、僕の中では存在感としてはセリーヌ=ローマン シラー≒ピノ ノワールって事になっています。味わいとしてはそれはまた別の話なのですが。

ピノ ノワールのたちこめるそれとは別の、グラスにたゆたうタイプのシラー香り。そのしなやかさを充分に鼻では無く口の中で楽しんだあと、最後にキュッと締めてくれる上質な酸。これが、もう病みつきなんですよね。

無くなる前にぜひぜひ。

 

以下、輸入元コメントです。

Petit Bonhomme

南仏リュベロンの新たなナチュラルワイン

プティ ・ボノームは FabienChanavas ファビアン・シャナヴァによって、南仏リュベロン地方の La Motte d’Aigues ラ・モット・デーグに 2018 年に設立されたドメーヌです。ブドウ畑は隣接する Peypin d’Aiguesペ パ ン ・ デ ー グ と La Tourd’Aigues ラ・トゥール・デーグの村にあります。

栽培面積は1.7ha で、シラー、グルナッシュ・ノワール、グルナッシュ・ブラン、グルナッシュ・グリ、セリーヌ(シラーの古代品種)を栽培しています。粘土石灰と粘土砂岩の土壌で、標高は 325~390m に位置しています。ファビアンは 1983 年生まれ。父がワイン関係の仕事をしていたため、学業を修めた後、レストランで数年間サービスとソムリエの仕事をしていました。その後、オランジュの醸造学校で学び、地元のコーペラティヴで醸造責任者として、また馬による耕作の担当として 10 年間働いていました。当時はナチュラルワインもビオディナミも実践していませんでしたが、ファビアンはこの間に、ビオディナミを実践する造り手やナチュラルワインの造り手を数多く訪問。ナチュラルワインの試飲会にも参加し、沢山のナチュラルワインを味わい、ビオディナミとナチュラルワインに魅了されていきました。2015 年、ファビアンはコルシカに家族と共に移住。地元のビオディナミの巨匠、Comte Abbatucci コンテ・アバトゥッチで、セラーマスターと馬による耕作担当として働き始めます。しかし、父の急逝に伴い、コルシカ島を離れ、地元リュベロンに戻ります。そして、2018 年の 2 月に地元で小さなブドウ畑を購入。自分自身の理想のナチュラルワイン造りを始めたのです。フランス語で「fairepetit bonhomme de chemin フェール・プティ・ボノーム・ド・シュマン」という格言があります。これは地道に一歩一歩自分の道を進んでいくことを意味する表現です。ファビアンはヴィニュロンの仕事とは一日にして成るものではなく、様々な経験を重ねて少しずつ完成されていくものであると考えています。また、初めて取得した小さなブドウ畑の区画のリューディの名前がプティ・ボノームであったことから、ドメーヌ名をプティ・ボノームとしました。

畑と栽培について

ドメーヌの畑はビオロジック/ビオディナミで栽培されています。畑の処方には、スギナやイラクサ、アルファルファなどのビオディナミのプレパレーションを使用していますが、硫酸銅の使用は可能な限り少なくしています。ファビアンは特に畑を馬で耕作することをとても大切に考えています。馬で耕作することによって畑の土が踏み固められることがなくなり、地中の微生物の生命が自然に再生されるからです。また、ファビアンは馬と一緒に働くことで、動物と触れ合い、親密になれるということもとても大事であると考えています。ブドウ木の畝の間は 2 匹の馬で定期的に耕作しています。ブドウ木の周りには自然に下草を生やすか、もしくは豆類などを一緒に栽培したり、はちみつを作ってくれる花などを生やしています。収穫は手摘みで行い、厳格に選果して、小さなケースで醸造所に運びます。

ワインは野生酵母で自発的に発酵させ、醸造添加物や SO2 は一切加えずに醸造されます。熟成後、無清澄、ノンフィルターで瓶詰めされます。ボトリング後のワインのネガティブな反応を避けるために、瓶詰め時に限り必要最小限の SO2 を添加します。ファビアンが目指しているのは、過度な重たさのない、ピュアで、フレッシュ感とフィネスを備えたジューシーなナチュラルワインです。初めてのヴィンテージは 2018 年。フランスのナチュラルワインショップで引き合いが強く、毎年リリースと同時に完売するほどの人気で、今回 1 年待ちでやっと日本への割り当てを確保しました。スウェーデン、デンマーク、ドイツ、ベルギー、オーストリアなどにも輸出されています。

畑と醸造について

収穫は手摘みでその場で厳格に選果されます。その後、Thoré la Rochette トレ・ラ・ロシェットにある洞窟を改装したドメーヌの醸造所に運ばれて醸造が行われます。ワインは野生酵母で自発的に発酵させ、醸造添加物や SO2 は一切加えずに醸造されます。熟成後、無清澄、ノンフィルター、SO2 も無添加で、重力を利用して自然に瓶詰めされます。セドリックのワインはとても活力があり、明るくさわやかで、同時に非常に正確さを備えた味わいです。

ドリックは、今でもラ・グラップリのルノー・ゲティエと、元ドメーヌ・ド・モントリューのエミール・エレディアと非常に仲が良く、頻繁に会ってワイン造りについての考えや哲学について意見交換をしています。ちなみに現在、エミール・エレディアはドメーヌ・ド・モントリューを離れ、ラングドックでドメーヌを経営。夫のクリスチャン・ショサールを亡くしたドメーヌ・ル・ブリゾーのナタリー・ゴビシェールと再婚し、ナタリーが営むネゴス、ナナ・ヴァンにブドウを提供しています。

セドリックのワインは、フランス各地のナチュラルワインショップやパリのナチュラルワインのレストランで販売されている他、デンマーク、オランダ、スイスなどにも輸出されています。

 

Pitre

樹齢 60 年の古代品種から造られる個性的な赤のキュヴェ

Vin de France ヴァン・ド・フランス
品種:Serine セリーヌ(シラーの古代品種)100%

醸造:手摘みで収穫したブドウは手作業で除梗した後、温度管理を行わずに、グラスウールタンクで野生酵母のみで自発的にアルコール発酵。マセレーションは朝と夕、1 日 2 回のピジャージュで 15 日間。その後、ステンレスタンクでシュール・リーの状態で自発的なマロ発酵と熟成。SO2 やその他の醸造添加物は一切加えずに醸造。収穫翌年の初夏に無清澄、ノンフィルターで瓶詰め。SO2 は瓶詰め後のワインのネガティブな反応を避けるため
に、瓶詰め時に限り必要最小限のみ添加。

現行ロットは 2020 ヴィンテージ。収穫日は 9/15。アルコール度数 12.7 度。総生産量1,100 本。2021 年 6 月時点の SO2 トータルは 10mg/l。

味わい:やや紫がかったルビーレッドの色合い。スグリやクランベリー、スモモなどのとてもフレッシュでフルーティな香り。微かにブラッドオレンジのニュアンス。アタックはとても柔らかく、口中には冷涼感のある心地良い酸に支えられたレッドプラムを思わせるジューシーな果実味が広がる。旨味が広がる余韻にはオレンジの皮や微かに香辛料のニュアンスが感じられる。

*『Pitre ピトル』とはフランス語で「ピエロ」を意味します。このキュヴェはとても飲みやすく、友達と楽しんだり、はしゃいだりする時に気軽に味わえること。そして 10 代のやんちゃな頃を思い出させてくれることから、このように命名したそうです。

 

輸入元:VIVIT

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい