ダヴィド デュバン / ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ ルイ オーギュスト 2019 (フランス/ブルゴーニュ)

FRR0043919
FRR0043919
FRR0043919
在庫状態 : 在庫有り
¥4,500 ¥3,700(税別)

(税込¥4,070)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

ダヴィド デュバン / ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ ルイ オーギュスト 2019(赤)

(FRR0043919)

VT:2019

生産国:フランス

生産地:ブルゴーニュ

葡萄品種:ピノ ノワール100

コメント【商品説明】:

香りの出所が素直。

薄旨系の真の継承者と呼ばれる所以は、ジャッキー トルショーの畑を引き継いだからに他なりません。が、もうだいぶ月日が流れましたし、そいうった事では無くて彼のワインに対するひた向きさこそが、その評価に直結しています。

グラスを傾けながら「ああ、本当に丁寧なんだな」って感じて頂けるのではないかと思います。そういうワインと、そうでないワインの差を、明確に区別する言葉は思い浮かびませんが、飲んでいて、すっと染み込むと言うか、馴染む感じは代えがたいものですから。

 

以下、輸入元コメントです。

Domaine David Duband 

ダヴィド・デュバン氏は、1971年生まれ、ブルゴーニュの醸造家で注目度がNo.1といえる実力派の造り手です。1965年父親のピエールがこのドメーヌを始め、生産した全量を生産者協同組合に販売していました。デュバン氏は19歳で学校を卒業して、ワイン造りに携わるようになり、その後DomainePierreAmiot(母方の親戚)やDomaineArlaudでスタジエをし、またジャイエ・ジル氏とも出会い、1993年頃から親交を持つようになりました。そして遂に2015年、「ル・メイユール・ヴァン・ド・フランス2015」にて三ツ星評価を獲得するに至りました。

デュバン氏はワイン造りにおいて、ぶどう栽培に最も力を注いでいます。手間を掛け、愛情を注ぎ、丁寧に栽培をすることが最も重要だと考えています。その労力を惜しまないため、畑にいる時間が最も長くなっています。ラベルには記載していませんが、2007年にエコセール、2010年にABマークの有機(栽培)認証を取得しました。また、醸造については、自然な状態で醗酵・熟成させることを理想としています。細心の注意を払いながら醸造テクニックに頼らず、人為的介入を極力避ける方法で行っています。瓶詰め後、すぐ飲むことも出来、かつ、長期熟成も可能である芳醇な果実味、酸味、タンニンなどの要素の構成が十分で、バランスのとれた味わいのワインを造ることを目指しています。

2008年より全房スタイルとなります。発酵中は毎朝テイスティングを行い、ワインの状態を確認し、その日のピジャージュの回数などを決めます。樽熟成は12~18ヶ月間新樽(B.H.C.Blanc30%、Rouge30%、N.S.G.Villages40%、1erCru40%、G.C.40%)。白は、軽く澱引き後、ノン・フィルタレーションで瓶詰めされます。赤は、2006年~2008年にかけて、発酵に全房を用いるようになり、スタイルを確立しました(全房使用比率:B.H.C.Rouge40~50%、Villages60%、1erCru75~80%、G.C.90~100%)。澱引きもほとんど行われないで瓶詰めされます。2006年にはジャッキー・トルショ氏、ルイ・レミー氏の畑を引き継ぎ、醸造と販売を開始しました。

 

Bourgogne Hautes-Côtes de Nuits Rouge “Louis Auguste”

細かい石灰が多く混ざった粘土質土壌。丘の上でピノ・ノワールを栽培。NSGの町より標高が高く冷涼なシュバンヌ村。南斜面。10,000本/ha、4,000本/haをアッサンブラージュ。樹齢50年。

新樽30%、14ヶ月間樽熟成。

輸入元:ワイン トゥ スタイル

https://www.winetostyle.co.jp/index.cfm

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい