ツルベツコイ / ライン リースリング 2016 (ウクライナ)

UAB0000400b
UAB0000400b
UAB0000400b
在庫状態 : 在庫有り
¥3,500 ¥3,140(税別)

(税込¥3,454)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

ツルベツコイ / ライン リースリング 2016(白)

(UAB0000400b)

VT:2016

生産国:ウクライナ

生産地:

葡萄品種:リースリング

コメント【商品説明】:

うちのお店に来たのは2022年の8月でした。

その前に、ウクライナが戦争状態になってすぐの頃、チャリティでワインを販売していたりしたのですが、すぐに完売。

戦時中に関わらず、ポーランド経由で出荷して頂いたロットがこちらです。その後、担当のウクライナ人のアンナさんが退職されたり、戦争が終わったら販売しようかと迷ったり、なんとなく次の一歩が踏み出せない自分がいました。

ひとつ思ったのは、チャリティだからってのもきっかけの一つですが、やっぱり将来的にはウクライナのワインが普通に販売してて、それが美味しいかどうかって話が出来るようになったら一番だなって事でした。

なかなか戦争終わる気配が無いですし、普通に販売してみようと思った次第です。

 

このワインについて。

リースリングに「ライン」を付けるという事が、ワインの法律が厳しい国だとちょっと難しいところだとは思いますが、それが出来てしまうのがウクライナ。

辛口で少しまろやかさもある、バランスの良い白ワインです。

 

アンナさんが教えてくれたウクライナのワイン事情。

ウクライナのワイン産地、オデッサやカルパティアは西側。
緯度としてはブルゴーニュやボルドーと同じくらいロシアの近くって事で物凄く寒そうなイメージがありましたが、温暖化もありブドウの実りも良く、近年はワインの評価が高くなっているそうです。紀元前4世紀頃からワイン造りをしているそうですが、若い方がワインに親しんでいるのはここ何年かのようで、西側に隣接するモルドバやハンガリーとはちょっとまた異なる流れとなる様です。
でもきっと、モルドバみたいに肥沃な土地で健康的にブドウを育ててるんじゃないかなって。
壮大なブドウ畑や煉瓦が積み上げられたシャトーの写真を見ていると、この風景がずっとそのままであります様にと、ただひたすらに思うばかり。ティルティ クルック等の土着品種も中にはあるそうですが、ピノ ノワール、カベルネなどのフランス系の西洋品種が人気との事。なるほど、そういった嗜好も西欧寄りなんだなって。

 

 

以下、輸入元コメントです。

ウクライナワインについて

「紀元前4世紀頃から続くワイン造り」

東ヨーロッパに位置するウクライナは、西はポーランド、東はロシアと国境を接し、黒海を挟んでトルコの北に位置する人口約 5,000 万人の国です。国土は日本の約1.6倍で、全般的になだらかな丘陵に覆われています。

ウクライナにおけるワイン産業には、紀元前4世紀頃からの長い歴史があり、その起源/はウクライナ南部の黒海に浮かぶクリミア半島にあります。ブドウ圧搾機やアンフォラ(amphora)とよばれるワイン保存用の陶器なども、その時代からあったともいわれます。その後、ウクライナ北部へワイン文化が移っていくのは紀元後11世紀頃。修道士たちによりブドウ栽培がはじまりました。

海洋性と大陸性、2つの異なる気候と肥沃な黒土、海のミネラル分の影響を受けて造られるウクライナワインは、花の香りやミネラルを含んだ塩見があるのが特徴で、国際的なワインフォーラムやコンテストで受賞するなど良質なワインが数多く生産されています。

「ウクライナの主要なワイン産地」

広大な国土を持つウクライナの中でも、主要なワイン産地であるオデッサ州のオデッサ市は、黒海に面したウクライナ随一の港町であり、屈指のリゾート地となっています。「黒海の真珠」とも呼ばれ、18世紀頃からロシア皇帝の直轄地としてワイン交易が栄えてきました。

ヨーロッパとアジア、中東などの世界各地を結ぶ交通・貿易の国際拠点として発展し、現在ではウクライナの葡萄の約半分がオデッサ州で栽培されています。

日本ではオデッサ市と神奈川県横浜市は姉妹都市の関係にあり、1965年に協定を締結しました。

また、ウクライナで最高のワイン産地のひとつであるカルパティア地域では、古典的なヨーロッパの品種や地元特有の品種のワイン造りを行っており、その歴史は約二千年に達します。太陽と降雨量に恵まれたミネラル豊富な土地は、ワイン栽培に適しており、この地域には人気の高いワイナリーが集まっています。

当店では、スタッフが直接現地でワイナリーと交渉を行い、選りすぐったワインだけをご提供しています。フランスやニューワールドワインとはまた違う、調和のとれたブーケと味わいをお楽しみください。

 

 

Trubetskoy

Trubetskoy(ツルベツコイ)はウクライナで最も歴史あるシャトーです。120年間独自のブドウ畑で栽培し、手摘みの葡萄から高品質のウクライナワインを生産してきました。

独特な気候条件、斜面の角度、土壌の組成などを利用し、ブドウ栽培とワイン造りの先端技術の応用をしながら美味しく香り高いワインを作り続けています。

1900年、ツルベツコイワイナリーの「リースリング」がパリの国際展でグランプリを受賞し、1902年から1903年にかけワイン愛好家で知られる皇帝アレクサンドル3世からツルベツコイワインの品質が認められ、より品質を高めるための資金援助を受けた結果、欧州で高評価を受けるに至りました。

ツルベツコイワイナリーは国際展示会で33個の金メダルと銀メダルを獲得しています。

 

輸入元:ヘルムズ

画像などこちらから ⇒ https://vinopioner.co.jp/winery/trubetskoy/

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい