【春になぜロゼワインを飲むのか】

不思議に思った事はありませんか?この時期になると店員さんがゴリ押しして来るロゼワイン。「でも私、赤の方が好きだし」「別に、春だからって注文する理由にならないでしょ」って、思っちゃうのも無理はないと思います。

実際のところ、フランスなどのヨーロッパの生産地などでも春にはロゼを良く飲みます。でもそれは桜が咲くからとか、春だからって理由ではないんです。吉澤ワイン商店にも、いくつかのロゼがあります。もちろん春にはゴリ押しです。

(※画像をクリックして頂くと、各商品ページへ。そちらちも色々と書いております。)

でも、僕の中ではちゃんとした理由があるので、それをツラツラと書いていこうと思います。

■春にロゼを飲む理由その①

《春に出来上がるロゼが多いから》

日本では難しいかもしれませんが、ヨーロッパではこの理由が主流だと思います。秋に収穫し、醸造し、寝かせて落ち着かせてビン詰めして、市場にロゼワインがヌーボーよろしく溢れかえるのがちょうどこの時期。

セニエ(血抜き)と呼ばれる作り方のロゼは、赤ワインを(品質を高める為、高値で売る為に)濃くする過程で出てくる副産物だったりもするので、セニエのロゼをたくさん生産し、販売していると「あそこのワインは高く売ってはいるけれど、畑仕事をさぼって醸造テクニックでごまかしてやがるな」などど陰口を言われかねないのですね。

なので、有名なシャトーなんちゃらとか、それこそ格付けクラスのロゼが名前を公表しない闇酒の様な価格で取引されたりするのです。でもこれが、葡萄は優秀ですから抜群に美味しいのです。「赤の為に、ロゼは作らなきゃなんだけど、堂々とは売りたくない」そんな生産者はたくさんいるはずです。

赤の為に作ってしまったロゼ、販売以外の使い道ですと収穫のお手伝いをしてくれた人に現物支給として渡したり、家族で飲んでしまう生産者もいます。

ともあれ、この時期にヨーロッパの市場にあふれるロゼは「新鮮で、安くて、ひょっとしたら大当たり」なんて事も有る、絶対買いな選択肢なのです。日本の市場に、このタイミングでこのワインを輸入しようとすると、ボージョレ ヌーボーの様に空輸で持ってこないとなので、現実的な価格では流通させることができません。なので、重要な「安い」という要因が抜けてしまうので誰もやりません。では、日本で春にロゼを飲むのは間違いなのか?もちろん、そんな事は無いと思うのでおすすめしているのですが。

 

■春にロゼを飲む理由その②

《春の食材とマリアージュするから》

なんで、この部分を強調するソムリエさんが少ないのか。そっちの方が疑問です。混同してはいけないのは《ロゼを飲む理由》と《春にロゼを飲む理由》です。ただ単に、ロゼを飲む理由であれば「おしゃれだから」でいいんです。実際にフランスでもそうです。記念日だから、デートだから「ロゼにしよう!」はとってもお洒落な事なんです。でも、今は春。春だからって理由でゴリ押しする理由にはなりません。

この時期、春に便乗して高級なブルゴーニュのセニエのピノ ノワールとか、自然派って言われる中でも、ぜんぜん爽やかじゃない良く分からないスタイルのワインなのに「ラベルがお洒落」だからとかいう謎の理由でロゼを売りつけられそうになっている方を良く見ます。気を付けましょう。

春に僕が、日本でロゼを飲むのであればグルナッシュ一択です。グルナッシュのロゼが安定して楽しめる土地、プロヴァンス。ピンクというよりは淡いオレンジ寄り、ソメイヨシノに近いのかもしれません。すっきりとした辛口のロゼです。でも、最近のソムリエさんは飽きたのか、知らないのか、お洒落っぽいロゼに走ります。グルナッシュには苦みがあります。ソムリ〇協会さんは苦みって表現はしないようですが、舌の奥の両サイドがチリチリと反応します。ビールのホップのレベルを量るスポットです。日本の春の食材、山菜、タケノコ、サヨリなど苦みのある食材が多いです。フランスでもホワイトアスパラ、タンポポなど春の芽吹きは苦いのです。だからこそ、グルナッシュ飲みましょう。抜群のマリアージュです。味覚的なお話しですと苦みというのは五味の中で唯一、習慣性、常用性が認められています。そんな理由もあって、人は春が待ち遠しいのかもしれません。

⇑こんな色のが飲みたくなるんです。

⇑ルーションですがプロヴァンススタイル。ガラス栓なのでオープナーが要りません。

⇑ヴァン グリを作るピノ グリも苦い葡萄です。

 

■春にロゼを飲む理由その③

《緑と良く合うから》

お洒落という言葉とは切り離すことが出来ないロゼワイン。淡いピンク色は緑色ととても相性が良いのです。状況的なマリアージュ、視覚的効果も大切な要素です。その②の理由で山菜に触れましたが、青々としたバジルやモノによってはパクチーなんかも良く合います。新緑の季節に飲むべき色は、赤や白も良いですがロゼ色が何しろおすすめです。

⇑淡い巨峰のロゼは葡萄とお金の匂いがしました。

⇑フルーティで女性におすすめ、ワインというかリキュールです。

 

■春にロゼを飲む理由その④

《何かとおめでたい季節だから》

昇進、進学、お引越し、新しい出会い。ハレの日にロゼを飲む。乾杯はロゼで。

⇑泡が抜群に綺麗なアルザスのクレマンです。

と、いった理由で僕の中では春にはロゼです。春の白と合わせてセットも作りました。

お花見のお供にはもちろん、春のほろ苦い食材が並ぶ間はきっと大活躍をしてくれます。そんな風に感じながら飲んでみると、きっと新しいロゼワインの楽しみ方が見つかるはずです。

 

吉澤ワイン商店

吉澤和雄

冬にお鍋と飲みたいワインのご紹介です。

こんばんは。

先日、青梅のブールバールさんから宴会コースに合わせたワインセレクトのご依頼がありまして、色々と考えて選ばせて頂きました。

ひとつひとつのお料理に合わせるのではなく、コース全体に合わせたワインで白赤各1本でとの事。

魚介系のカルパッチョから始まって、サラダ、キッシュ、ローストポーク、カレー鍋、などなど。

「どこ見てワインを合わせようかな?」ってくらいに幅広く。でも、やるからにはしっかりと合わせていきましょう。でも、ご家庭でお料理とワインを合わせる時って、得てしてそういうものだったりもするのだと思います。

カルパッチョに使う魚は仕入れによって変わりそうですが、季節がらブリとか来てしまうと赤で使えるものが限られてきます。サラダは今回はスルーしたとして、その次のキッシュがまた曲者です。卵とワインは基本的には合いません。豚の向こうにもっと手ごわいのが見え隠れしているんですけどね…。

あれこれ考え、結論。白はシュナン ブラン一択でした。カレーがどうしても目立つので、ピノグリとかゲヴェルツで行きたいなって事になりがちですが、脂の乗ったお刺身にアロマ系の白は飲みたくないなって。わがままな食べ合わせでも、広い懐でしっかりと受け止めてくれるシュナン ブランって葡萄はいつだってマリアージュの味方です。(逃げ道とも言いますが…。)卵の難しい味も受け流し、カレーのスパイスにも真っ向勝負!キレのある酸がそれを可能にしてくれます。

赤はカベルネ フランにしました。香りは控えめ、でも、重心の低い安定感。マットな果実味は主張こそおだやかですが、だからこそ相手を選ばず誰とでも一緒にマリアージュ。今回の様に、多種多様の対象とのマリアージュには欠かせない葡萄です。冬のお刺身でもオッケーなので、最初っから赤だけでも良し。赤から初めて、後半に白ってのもおすすめです。カベルネ フランで少し舌が麻痺したくらいで流し込むシュナン ブランはまた格別のはず。

 

【白ワイン】

ドメーヌ プティ メトリ / サヴニエール クロ ド ラマルシュ

蓮見ワインさんが輸入する、本格派のサヴニエール。

シュナン ブランは旨みと酸が特徴ですが、作り手のいよってバランスのとり方が異なります。

こちらのシュナンは淡白なものからスパイスを利かせたお料理まで万能に合わせてくれます。

なので、和食にとっても良く合います。特に、旨みの乗ってきた日本の冬の食材にばっちりです。

【白子・魚卵・蟹・海老・牡蠣・あんきも・豚の脂・寄せ鍋・キムチ鍋・カレー鍋などなど】と、良く合います。

 

【赤ワイン】

シャルマンワイン / シャトーシャルマン 尾白

山梨県北杜市白州で作られる、まぼろしのカベルネ フラン。

こんなに美味しいのに、なんでもっとメジャーにならないのか。答えはきっと白州が勝沼から遠いから。バイヤーさんが勝沼で買い付けして満足して帰っちゃうんじゃないかなって思ってます。日本ワインブームだからとか、なんとなくお洒落だからとか、売れそうだからとかって理由で育てられている日本の西洋品種とは段違いのこちらのフラン。樹齢が高いんです。なんでそんな古くからカベルネ フランなんか植えてたかっていうと、これには政治的なお話が絡んでくるのでありまして。昔に植えられたカベルネ フランの苗木が、白州の砂地とのミラクルな適性を示し、今まさにその恩恵としてこちらのワインが楽しめる。ありがとうございます、金丸信さん。あなたのばらまいた葡萄の苗木のおかげで僕たちは美味しいワインが飲めますよ。

カベルネ フランは自らが香りをよどませる代わりに、食材の香り(特にネガティブなもの)を抑え込んでくれます。秋から冬の美味しいものを食べるのにベストな赤です。

【魚介全般・青魚・脂の乗った鮭や鰤・青みの野菜・パプリカ・牛肉・羊・鍋料理などなど】と、合わせると面白いです。

 

さて、いかがてしたでしょうか、色々な方向性の料理の時に活躍するワイン、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、シュナン ブランもカベルネ フランも【おせちにも合います】よ〜

チェックボックスで検索する「好みで探す」以外にも、ページのあちこちにある、検索ツールで葡萄品種やお料理の名前を検索すると、お目当てのワインにすぐにたどり着けるかも。

ブールバールさん、宴会コースですが飲み放題では無いようです。でも、おなか一杯になって、ワインは美味しくて。それでおひとり5500円で楽しめるそうですから、この二本のワインが楽しめるってだけでも、かなりのコスパなんじゃないでしょうか。

 

今年も残りあとわずか。

寒さも厳しくなってきました。お風邪などおひきになりませんように。それでは。

店主 吉澤 和雄