ヴェガ アイシャーラ / ガルナッチャ&カベルネソーヴィニヨン 2019 (スペイン)

ESR0000519
ESR0000519
在庫状態 : 在庫有り
¥4,000 ¥3,590(税別)

(税込¥3,949)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

ヴェガ アイシャーラ / エマ ガルナッチャ&カベルネソーヴィニヨン 2019(赤)

(ESR0000519)

VT:2019

生産国:スペイン

生産地:カタルーニャ(ヴィノ・デ・メサ)

葡萄品種:ガルナッチャ50、カベルネソーヴィニヨン50(手摘み/平均18年)

酵母:自生酵母

10月10日収穫/除梗後セメントタンクで14日間醸し
空気圧式圧搾後、セメントタンクで発酵
(1日2回ピジャージュ、3日に1回ルモンタージュ)

250Lのアンフォラと400Lの古樽で4 ヶ月間熟成
無濾過・無清澄/瓶詰め:2020年3月27日

SO2:無添加 トータル:10mg/L

アルコール:14.5%

コメント【商品説明】:

3月~11月まではチルド便のご利用が必須です。ご購入時にカート画面にてご指定下さい。

※ご指定頂けない場合はこちらで付加させて頂くか、キャンセル扱いとさせて頂きます。ご了承ください。

高高度のワインに適した環境が、極限まで葡萄のポテンシャルを高めます。

ディオニーさんの取り組む、スペインのナチュールの中でも注目度の高い生産者。グルナッシュとカベルネの良いとこどりの染み込む赤。

 

 

以下、輸入元コメントです。

Vega Aixalà

プリオラートと同じスレート土壌
モンサン山脈山奥のヴァンナチュール
父娘のDreams come true

最近の弊社は、スペインのDOモンサン、DOQプリオラート、ペネデスのペティアン、と立て続けにカタルーニャ地方の生産者と縁がございます。

今回ご紹介させて頂きますのは、DOコンカデバルベラの女性醸造家エヴァが営むヴェガ・アイシャーラです。ワイナリー名の由来は、彼女の父の姓(Vega)と母の姓(Aixalà)を合わせたものです。

カタルーニャのナチュラルワインの第一人者といえば、タラゴナのメンダール、DOコンカデバルベラのエスコーダ、ジョルディロレンス等の名前があがってくると思います。彼女との出会いはそんなメンダール、エスコーダが音頭をとって毎年夏に開催されていますサロンH2O(Vegetal)での2017年。ジョルディロレンスのブースを訪ねて色々話を伺っていると『彼女のワインも飲んでみてよ。一緒に白のマグナム限定キュヴェも造っているんだ』と隣のブースを勧めてくれた事がきっかけでした。
翌年2018年6月、初めてのボデガ訪問。道中、どこまで登って行くんだ?というぐらい山道を上り続け到着した村は、斜面に無理やり造ったような、人が一切歩いていない、静かな静かな小さな小さな山村。ドアをノックして出てきた彼女は、恥ずかしそうに微笑み『まさか本当に日本からきてくれるなんて!』と、訪問を本当に喜んでくれました。

まずは彼女のトラックに乗り込み畑をまわったのですが、その景観の美しさに目を奪われ、静けさに感動し、スレート土壌を開墾した彼女たちの努力に感嘆したのでした。

ボデガの歴史は2003年から始まります。かつて祖父がワイン造りを行っていた土地、そこは長年の間放置されていたのですが、エヴァと彼女の父ホセの二人はこの土地でブドウ造りを復活させる決心をします。そこはエヴァが幼少時育った場所であり、かつては伝統的な製法で祖父がワインを造っていた土地、二人にとってはこの土地を守ること、ブドウ栽培・ワイン造りを復活させることは長年の夢なのでした。もちろん彼女たちはこの土地がブドウ栽培にとってスペシャルな土地だという事もよく理解していました。

しかしその実現は非常に困難を伴うものでした。ボデガの復活はまず標高850 ~ 900mの急勾配斜面を開墾して800本のブドウの苗を植樹するところから始まります。2004年にはさらに1000本植樹、2006年までの3年間でとても人が開墾できるとは思えないこの山頂の荒野を開墾して徐々に現在の10haの畑をつくっていきます。

今では写真のように美しい景観をバックにすり鉢・テラス状に整備されております。もちろん初年度2003年からビオロジック栽培を貫いております。

コンカデバルベラの平野部とプリオラートのちょうど間、モンサン山脈の標高850 ~ 900mの急勾配にブドウは植樹されており、直線距離7km先は銘醸地プリオラートです。土壌はそのプリオラートと同じネラル豊富なスレート土壌(粘板岩)。この地で稀少な雨はスレートを伝って地中深く落ち、ブドウの根はわずかな水分と養分を求めて深く伸びるため、独特のミネラル、凝縮感があるワインができます。また、反射作用も強く、光合成やブドウの成熟に大変良い効果をもたらしてくれます。

高標高に加えて、気候は大陸性気候で年間を通して雨が非常に少なく(平均約330ml/年)、四方を山に囲まれているので乾いた風が吹きます。ベト病の心配がない素晴らしい立地です。さらに昼と夜の寒暖差は非常に大きく(例年、夏は最高33度、最低は15 ~ 18度)、酸を残しながらゆっくりとブドウが熟し実っていきます。

今回ご紹介する彼女のワイン達は全て“エマ”という彼女の娘の名前を冠したワイン達です。10haの畑がありますのでキュヴェ数は実は10種類を超えるのですが、このエマシリーズは、清澄・濾過・亜硫酸添加を一切行わいないフランスでいうところのヴァンナチュールスタイルです。白はマセラシオン、赤はアンフォラで熟成させる拘りも持ち、素直で美しい果実味、しなやかな酸に柔らかなミネラルが特徴的です。

偉大なテロワールと繊細、真摯かつ膨大な努力が生んだ彼女のワイン。
ブルタルやジャメ、グラスカといったバルセロナのモダンなワインバーやレストランで、この夏非常に多くの彼女のワインが愛用されているのを見ると、壮観な畑の景色と親子の充実した笑顔が思い出されます。

Emma Garnacha & Cabernet Sauvignon

19年は夏の暑さと乾燥でアルコール度数が高めに仕上がりました。除梗し14日間醸しプレス後、毎日のピジャージュと3日に1度のルモンタージュを行いながらセメントタンクで発酵し、アンフォラと木樽で熟成しました。紫がかったガーネット色、カシスやフランボワーズ、湿った森の香り、熟した甘みやチョコレートの濃厚さが拡がり、タンニンや渋みが程よくアフターまで長く続きます。

 

輸入元:ディオニー

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい