ドメーヌ キャホンセット エヌ トワ ウ(47N3E) / シャブリ (フランス/ブルゴーニュ)

FRB0014318
FRB0014318
FRB0014318
在庫状態 : 在庫有り
¥3,600 ¥3,230(税別)

(税込¥3,553)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

ドメーヌ キャホンセット エヌ トワ ウ(47N3E) / シャブリ 2018(白)

(FRB0014318)

VT:2018

生産国:フランス

生産地:ブルゴーニュ

葡萄品種:シャルドネ100

コメント【商品説明】:

ディオニーさん発、手造りのシャブリ。

ドメーヌの名前が、シャブリの緯度経度を表しているって事で、フランス語に馴染みのない方には非常に覚えにくいこのワイン。

今年の夏にディオニーさんからリリースされたワインですが、ディオニーさん肝いりの華々しいリリースがきっかけとなり、市場に流れる前から話題となっておりました。

シャブリと言えど、2018年の芳醇なシャルドネですのでこれから少し涼しくなってくる季節に丁度良いのではないでしょうか。

健康的な果実を育てた後、絶対的な選果を行い、土地のミネラル、柑橘から有核果実まで数多くのフルーツの要素をワインに注入していきます。

お顔、ご覧ください。ワインショップで並んでたら思わず手に取ってしまう程に素敵です。数には限りがありますので、これはと思った方は是非かごの方へ。

 

以下、輸入元コメントです。

Domaine 47N3E

”最高熟度”。”厳選選果で食べたい!ブドウのみを圧搾”。そんなシャブリです。

Chablis村のすぐ西隣に位置するBeinesに本拠を置く新しいドメーヌです。現在の当主はGuillaume Michautギヨーム・ミショー。ドメーヌ名の由来は、シャブリ地域のおおよその緯度経度である北緯47度、東経3度にちなんでいます。

ギヨームの祖父が植樹したというBeinesの斜面にある3つの畑をギヨームの父、そしてその子であるギヨームが引き継ぎ今に至ります。

以前はブドウ栽培農家として他のネゴシアンへ、ブドウを供給しておりましたが、自らのポリシー&哲学である「自然との調和」をモットーにしたブドウ栽培をベースに、醸造・瓶詰めに至るまでそのベースを貫き通したワインを造ってみたい!という理念をもち、現当主ギギヨーム・ミショーが新たにドメーヌを立ち上げました。

大きいドメーヌではありませんが、彼曰く「手の届く範囲で完璧な仕事をするには丁度良いサイズ」と。彼の人となりと仕事、ワイン造りへのスタンスが凝縮された一言に聞こえます。

それぞれの畑の土壌の個性、シャルドネというブドウの特性、そして人的要素のバランスを重視したワイン造りを行っています。空気の流れや日照を考慮に入れた剪定、堆肥、摘芽、摘葉、さらには 多くの畑における手摘みに寄る収穫などを行い、最善の結果を生み出せるうように細心の注意を払って畑と向き合っています(通常、Petit Chablisや Chablisでは機械による収穫が多いです)。

またドメーヌでは土中微生物を含む土壌に関わる生物多様性を重要視しており、その多様性を維持するため除草剤の不使用はもちろんのこと、雑草は鋤き返しを行い土中へと還元し、その種子もその後に芽吹くよう全てそのままとしています。病虫害に対しても、自然由来のものでこれに対処することとしており、銅や硫黄、そしてビオディナミで用いられている各種プレパラシオンを使用しています。ビオディナミそのものに対してドメーヌでは大きな関心を持っており現在、畑を転換中です。ビオロジック&ビオディナミに関するアプローチや人為的な介入のない、最もナチュラルなワイン造りに関して、その多くをDomaine de L’EnclosのBouchard兄弟がから学んでおり、実際にDomaine de l’Enclosで従業員としても勤務しておりました。その縁もあり醸造はDomaine de l’Enclos内の一部を間借りして仕込んでおります。

ブドウは高い熟度で収穫され(最高の熟度に達した時に収穫し、厳しく選果)、振動式選果台での厳しい選果の後、空気圧式(水平式)圧搾機でプレス。

「プレスは自分のお腹であると想像して、食べたいと思うブドウのみを選び、残りは捨ててしまおう」とのモットーで選果しています。

醸造は天然の温度制御が可能な地下のカーヴで行います。プレスで得られたピュアな果汁は澱とともに地下のステンレスタンク(一部のキュヴェにおいては500Lの樽を使用)へ重力システムで移動させ、低温でのデブルバージュの後、温度をコントロールしながら区画別に発酵・熟成させます。果汁とカーヴに自然に存在している天然酵母と各種バクテリアの独自のリズムで発酵が進みます。もちろん、テロワールを否定するような補糖・酵母添加といった人的介入は一切行っていません、発酵と熟成は人為的な干渉は行わず「なすがまま」で行われています。アルコール発酵時のSO2の添加の使用は行わずその他の工程での添加も必要最小限の使用に留め、その他一切の添加物はありません。

やっとやっと弊社ポートフォリオ内に魅力あるシャブリの生産者を迎え入れる事ができました。

まだまだ駆け出しの若い生産者ですがすでに液体の中に彼のコンセプトとパッションが凝縮されており、伸び盛りの今後5年・10年先が非常に楽しみな生産者です。

 

Chablis

シャブリ西側 Beines 村、祖父や父が植樹した畑を現当主が継ぎ、おおよその経緯度である北緯 47 度・東経 3 度をドメーヌ名に冠し新しく立ち上げました。粘土石灰土壌のシャルドネをステンレスタンクで発酵・熟成しました。輝く淡い麦わら色、リンゴやレモンクリーム、ヨーグルトの香り、柔らかく纏まりがありバターやマンゴーにクリーンな塩気、エレガントな一面もあるフレンドリーな一品です。

 

輸入元:ディオニー

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい