マルセル ダイス / リースリング (/アルザスフランス)

FRB0014819
FRB0014819
FRB0014819
在庫状態 : 在庫有り
¥4,600 ¥4,120(税別)

(税込¥4,532)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

マルセル ダイス / リースリング 2019(白)

(FRB0014819)

VT:2019

生産国:フランス

生産地:アルザス

葡萄品種:リースリング100

コメント【商品説明】:

アルザスの巨人。

ソムリエ駆け出しの頃、初めて試飲会の会場で見かけた時は「アンドレ ザ ジャイアントだ…」なんて思ったものですが、お話ししてみると、とても優しく、ブドウへの愛のあふれた方でした。

その人柄と同じく、とてもスケールが大きくて、かつ繊細なワインを造ります。

 

しっかりと踏み込んでからの跳躍。

美味しいリースリングと普通のリースリングの違いって、ブドウの成熟までにどれだけ我慢できたかだと思うんです。樹勢の強いリースリングは、放っておくとぐいぐい伸びて、果実に濃縮した要素が集約されなくなってしまうからです。

伸びたいリースリングを伸ばさない。リースリングには可哀想な事でもあるのですが、それを可能にする要因は、生育を抑制するような厳しい環境。土壌や気候という環境的な要素がスパルタ的であればある程、リースリングとしての質が高まります。

ブドウと語り合うダイスさんですから、生育を我慢させた分だけ愛を注いでいる事でしょう。

なのでこれは正に「リースリングが頑張った」味わいそのものなのです。

 

以下、輸入元コメントです。

Marcel Deiss

「何かを良くしようと思ったら、それは愛によってのみ可能だ」。現代アルザスワインの頂点を極めるジャン・ミッシェル・ダイス。アルザスに初めて「テロワール」の概念を持ち込んで大論争を巻き起こし、遂にはAOC法の改正(ラベルに品種名を表記しなくてもよくなったこと等々)を成し遂げた、信念の男。現在も彼が昔から提唱する、畑の個性に基づく「プルミエクリュ」を実現させるべく運動を続けています。

「ぶどうの樹は、自ら養分を求めて根を土中に伸ばします。この土中深くにあるものがその土地のテロワールです。ここは気候の影響もほとんど受けません。根が地表に留まると気候の影響をモロに受け、土地の個性は失われてしまいます。僕のワインは、例えば酷暑だった2003年も、濃さは例年と変わりませんでした。ビオディナミも、このテロワールを引き出すための手段に過ぎません。」

「また今日、アルザスのほとんどの畑で同じクローンばかりが植えられるようになりました。その結果、どのワインを飲んでもクローンの個性の味しかしなくなりました。アルザスの土壌は、太古の地殻変動に由来する極めて複雑で多様なものです。個々の土地の強烈な個性をそのままワインに表現することが、僕の人生です」。

Riesling

ダイスのリースリングは2005年ヴィンテージ以降、従来は別々に商品化されていたサン・イポリットとベブランハイムをブレンドして一本化することになりました。(サン・イポリット・・・1.8ha。平均樹齢25年。砂質、花崗岩質主体の軽めの乾燥土壌。酸がきりりと立ちしっかりとした構造を持つワインを生むテロワールで、特にリースリングとゲヴュルツトラミネールに向きます。花崗岩に由来する、塩辛くさえ感じる酸とミネラルも特徴的。ベブランハイム・・・2ha。平均樹齢20年。古代には海岸だったというこの畑は、500~600メートルに及ぶ海洋微生物と砂礫質層が基盤で、表土は軽い石灰岩質。この土壌は水捌けと保熱性が良く、高い酸と豊かなコクが得られます。たっぷりとした果実味とフィネス、エレガンスの両立。レモン、白桃、パイナップルなどを同時に想起させます)。それぞれのテロワールのブレンドにより、より一層複雑に、巨大なスケールとなった名作です。辛口。

 

輸入元:ヌーヴェル セレクション

https://www.nouvellesselections.com/winery/detail.php?post_id=1000079

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい