フォンテーヌ ガニャール / シャサーニュ モンラッシェ 1er ラ マルトロワ 2019 (フランス/ブルゴーニュ)

FRB0019119
FRB0019119
FRB0019119
在庫状態 : 在庫有り  最後の一本
¥12,000 ¥11,650(税別)

(税込¥12,815)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

フォンテーヌ ガニャール / シャサーニュ モンラッシェ 1er ラ マルトロワ 2019(白)

(FRB0019119)

VT:2019

生産国:フランス

生産地:ブルゴーニュ

葡萄品種:シャルドネ100

コメント【商品説明】:

シャルドネは普段飲みません。だって、美味しいものは手を出しにくいですから。でも、どうしてもシャルドネじゃなきゃって時には由緒ある家柄の物が必要です。きっと、シャルドネの持つ本当の底力をお楽しみいただけると思います。

困難も多かった2019年でしたが、その分凝縮した果実味と酸味。シャルドネにとってこれ以上のポジティヴはありません。

 

2019年のブルゴーニュ、。無くなるのが早そうです。

2015、2017、2018と好調だったブルゴーニュ。2019年もリリース前からとても評判が良かったのですが、いかんせん収量が少ないのです。「量は少ないけど美味しい」っていうのは、よくあるお話しでもあるのですが、今回はちょっと状況が違います。

迫りくる2021年の大不作。いや、2021年も出来は良いのですが何しろ量が非常に少ない。雨とか霜とか雹とか色々で、最終的に収穫まで出来たブドウはとても少なくなってしまいました。2021年の秋にリリースされたボージョレー ヌーボーの時にも結構話題となっていましたよね。

(でも、その分根から吸い上げた養分は残った果実に凝縮されて、2019年も2021年も味わい的にはポジティヴです)

2021年が経験したことがないくらい少なすぎて、市場のブルゴーニュワインが枯渇すんではないかと噂になり、さすがにそんな事は無いんじゃないかと思うのですが、経験したことも無いと聞けば想像すらできないので不安になり、そもそも低収量の2019年を買い溜めする人が多いのだとか。

国ごと、会社ごとの争奪戦の末、なんとかお店までたどり着いた2019年のブルゴーニュ ワイン。お好きな生産者のワインはお早めにお手元にご用意ください。

 

 

フィネスさんのワインについて。

ワインって、生産者は概ね「美味しい」状態で出荷するものです。これは、お値段に対してどうかというお話しでは無く、状態としてと言いますか、飲み物としてと言いますか。目玉の飛び出る様なお値段のワインでも、お水よりもお求めやすいワインでも、造り手はその価値には関わらず消費者に「美味しいワイン」を楽しんでもらえたらと想ってワインを造っているはずです。そんなワイン生産地で飲むような、完璧に健全な状態のワインが日本でも楽しめるのが現在の日本のワイン市場。個人的に、その中でも群を抜いて安心感があるのがフィネスさんが輸入したワインです。

例えばですが、現地で同じお値段のワインをフィネスさんと、フィネスさん以外が輸入したワインを比べると、フィネスさんが輸入したワインの方が若干高くなります。その要因として話題になるのが、現地の保管庫から港まで輸送するトラックが定温便かどうかという所。所謂「リーファーコンテナ輸送」とラベルが貼ってあっても、陸路の保証はないんです。もっと言えば、トップページにも書いたように、そもそも論でリーファーコンテナと書いてあっても完全には品質は保証されません。

ヨーロッパで生産されたワインを日本に船で運ぶ時、炎天下の赤道を必ず通ります。その際のコンテナ内の温度変化が大きいと、ワインのポテンシャルの維持は不可能です。美味しかったはずのワインが「美味しくない事もないけど、こんなもんかな」ってなっている時、それは感じられないくらいの微細な劣化の可能性があるのです。

で、結局の所海上で健全に輸送されたかという確認は「飲んでみるしかない」って事になるのですが、フィネスさんは入荷時はもちろん、プレミアムワインにおいても経年変化のテイスティングを徹底し、その品質は業界からも評価されています。

そんなこんなで他の輸入元のワインよりも輸送や検査にコストがかかるので、多少は割高になるのですが、日本でヨーロッパの繊細なワインを楽しもうと思った時に、こんなに心強い存在はありません。フィネスさんの取り扱う生産者が、希少性の高い生産者ばかりであるのもそういった背景があってこそ。

もちろん、フィネスさん以外にも優秀な輸入元はたくさんありますし、吉澤ワイン商店で扱うワインはそういった努力を怠らない皆様から少しずつ分けて頂いているものです。ワインが良質だからこそ、それぞれの輸入元の傾向ですとか、バイヤーさんの好みなどが感じて頂けるのだと思います。そういった目線でワインを味わってみるのも面白いのではないでしょうか。各輸入元のワインは、右にあるサイドバーの「輸入元から探す」からお探しいただけますので、お気に入りのワインに出会ったらぜひチェックしてみてくださいませ。

フィネスさんのワインはこちらのボタンでも。

その他色々ございます

 

 

以下、輸入元コメントです。

DOMAINE FONTAINE-GAGNARD

このドメーヌは1985年に設立され、当主のリシャールフォンテーヌ氏はシャサーニュモンラッシェ村の名家であるガニャールドラグランジュ、ブランガニャールを一族に持ちます。所有する畑はシャサーニュ、ポマール、ヴォルネイ村に約12haで、コクがあり力強くてトロみのある白と、色調が濃く肉厚な赤を造っています。畑の土壌は基本的には粘土石灰質ですが、区画によって様々な特徴があり、それがワインのキャラクターに個性を与えています。葡萄の木の仕立てはギュイヨ式で、1株につき6~8房に制限します。

収穫は全て手摘みで除梗は100%、醗酵前に低温浸漬を行います。アルコール醗酵は白の場合は228ℓの樫樽で、赤はコンクリートタンクで行います。温度調節には冷却パネルを使用し、白は最高15~26℃、赤は15~32℃で醗酵させます。ピジャージュ、ルモンタージュは1日2~3回でアルコール醗酵終盤はルモンタージュのみ行います。熟成は白は約12ヵ月、赤は約18ヵ月でいずれも228ℓの樫樽で行います。このドメーヌではフランス中央のCHERという地方の樫の木を自ら購入し、庭で2年間乾燥させてから樽業者に製造してもらっています。新樽率はブルゴーニュとヴィラージュが20%、1級と特級が30%になります。

2019年についての生産者コメント

2019年は年初は暖かかったので4月頭には芽吹きが始まったが、気温低下による霜のリスクは何度かあった。4月5日には気温が氷点下まで下がって霜が降りてしまったので1級モルジョの区画で大きな被害が出てしまった。幸運にもストーブを焚いた特級を含むいくつかの区画では被害は免れたが、4月はとてもストレスが多く疲れる月だった。開花期の天候も最良の状態で経過はせず、花ぶるいやミルランダージュが発生した。夏の間はずっと良い天気で気温も高く葡萄の成長は加速したが、雨がほとんど降らなかったので丘の上の区画では水不足のストレスもあった。収穫は9月10日から始めたが、ミルランダージュの影響で葡萄の房が小さくジュースの量が少ないので生産量は減少してしまっているが、葡萄の状態は素晴らしく凝縮されていたので、赤白ともにアロマ豊かで酸味のストラクチャーもしっかりとした素晴らしい味わいに仕上がっている。

 

CHASSAGNE-MONTRACHET 1ER CRU LA MALTROIE

シャルドネ種100%。1級マルトロワに格付けされる「Ez Cretz(エ クレ)」と「Les Rebichets(レ ルビシェ)」という場所に約0.8haの区画を所有。葡萄は1950~60年に植えられ、土壌はフィルター状の軽めの粘土質、日当たりが良く暖かい場所で葡萄の成熟が早いのが特徴です。シャサーニュ モンラッシェ1級の中でも酸味が柔らかく、凝縮感や余韻はそこまでありませんがバランス良いタッチの飲みやすさがあるワインです。

(参照:輸入元フィネス「生産者資料」より)

 

輸入元:フィネス

詳しくは輸入元HPをご覧ください。

フォンテーヌ ガニャール

 

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい