シャトー ラランド / サン ジュリアン 2015 (フランス/ボルドー)

FRR0038315
FRR0038315
FRR0038315
在庫状態 : 在庫有り
¥11,200 ¥9,710(税別)

(税込¥10,681)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

シャトー プティ フィジャック / サン テミリオン グラン クリュ 2015(赤)

(FRR0038315)

VT:2015

生産国:フランス

生産地:ボルドー

葡萄品種:カベルネ ソーヴィニヨン48、メルロー32、カベルネ フラン20

コメント【商品説明】:

優良年のフィジャック セカンド。

紆余曲折を経て、2012年から改めてフィジャックのセカンドとして旗を揚げたプティ フィジャック。

探しているとサン テミリオンには名前の一部にフィジャックと付くシャトーがたくさんあります。これは、当時200haもの畑を所有していたにも関わらず、ワインとは別の要因で散在した当時の所有者が畑を分散して手放した結果です。

その中の37haで再出発した新たなオーナーが、現在フィジャックを所有するマノンクール家のおじい様にあたる方。その後のワインの評価は皆さんご存知の通りです。

2012年にマノンクール家が買い戻した事で、正当なセカンド ラベルとして動き出します。2010年に当主のティエリー マノンクール氏を亡くし、当主を引き継いだマノンクール夫人が、ミシェル ロランとコンセイヤントのジャン バルミ ニコラ氏をコンサルタントに迎え入れたのもまた2012年。フィジャックのラベルの可愛さのあるフォントを、本家の証として新たに使用しました。

マノンクール夫人の寵愛を受け、最初に迎えた優良年2015。春から秋までずっと、今年は凄い年になりそうだと、ボルドーがとても活気のあった2015。ここぞとばかりに張り切ってブドウに向き合った新たなチームの作品は、リリース当時から評価は良かったものの、時を経て更にその評価(と価格)は高くなっています。

飲み頃を迎えつつあるタイミングで、お手元に手繰り寄せるのも良いのではないかと。

 

アストルさんのボルドーワイン。

吉澤ワイン商店で取り扱うボルドーワインのほとんどは、ボルドー専門インポーターの「アストル」さんから仕入れています。

アストルさんで働く皆さんは根っからのボルドー好き。それもそのはず、ボルドーに住み、ボルドーで学んでいた仲間が、ボルドーの魅力を伝える為に立ち上げた会社です。なので、ボルドーワインに対する愛の深さは、お仕事でワインを取り扱う商社の方とはちょっと異なりますし、何しろ日本に引っ張ってくるワインのセレクトが素敵で尚且つ美味しい。

現地で深く掘り下げた人脈は、生産者だけでなくボルドーワインの取扱いに於ける最重要ファクターのネゴス(仲買いのネゴシアン)にまで及び、星の数以上のボルドーワインの中から一際輝くきら星をセレクトされています。

ボルドー市内の「レクスキ」という日本人シェフのレストラン(https://www.restaurantlexquisbordeaux.fr/ja/)と、神保町で「レピック」というボルドーワインバー(http://www.lepique.jp/)もやっています。私がボルドーにいった時も名だたるシャトーにヴィジットのアポイントを取って頂き、公私ともに大変お世話になっています。もう、アストルさんのワインは全部仕入れちゃいたいくらいなのですが、セラーの容量をお財布の都合で我慢我慢。

数が多すぎ、ラベルで内容が分かりにくい、安いものにはハズレがある、輸入経路によっては劣化している、同じシャトーで同じヴィンテージなのに値段がまちまちなど、市場の需要が高くクラシックであるが故に購入時に二の足を踏んでしまう要素が多いボルドーワインですが、「アストルさんの輸入しているものから選ぶ」って事が取り急ぎの道しるべになるって事は、自信を持ってお伝えできます。アストルさんの手を離れた後、ワインショップさんの保管状態が良くなかった場合を除いては。

 

Specialiste en Vins de Bordeaux

ボルドーの魅力、それは王道であること

↑毎月届くアストルさんのカタログのタイトルが大好きです。アストルさんの進む道が王道になる日は、そう遠くないのかもしれません。

 

アストルさん輸入のワインはこちらのボタンでも。

その他色々ございます

 

 

 

以下、輸入元コメントです。

Château Lalande

格付けシャトーがひしめくサンジュリアン村。その世界的ワイン産地にあってシャトー・タルボやシャトー・ラグランジュに隣接する畑を持つシャトー・ラランド。同じサンジュリアン村のシャトー・デュ・グラナのメフル家が所有しています。

1964南年にシャトー・ラグランジュの畑から独立したシャトー・ラランドはその立地もさることながら、仏の苗木業者でもあるメフル家の所有以降、リュットレゾネを行うなど丁寧な畑の管理で、格付け外ながらシャトー・デュ・グラナとともに評価を高めています。

収穫は機械と手摘みにて。温度管理タンクで発酵。バリック(新樽約1/3)にて12ヵ月熟成します。果実の凝縮感、力強さと華やかさが心地よい今後の熟成も楽しみな当たり年の銘醸地サンジュリアンACアペラシオンワインです。

輸入元:アストル

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい