ギユマール クレルク / ブルゴーニュ ルージュ レ シャンパン 2018 (フランス/ブルゴーニュ)

FRR0047918
FRR0047918
FRR0047918
在庫状態 : 在庫有り
¥3,800 ¥3,410(税別)

(税込¥3,751)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

ギユマール クレルク / ブルゴーニュ ルージュ レ シャンパン 2018(赤)

(FRR0047918)

VT:2018

生産国:フランス

生産地:ブルゴーニュ

葡萄品種:ピノ ノワール100

コメント【商品説明】:

ピュリニー モンラッシェ(村の中)の赤。

この手の赤、シャサーニュ モンラッシェの方がまだ見かける事がありますが、ピュリニーの方の赤は探してないとなかなか見つからないんですよね。

アズマ コーポレーションさんが日本に引っ張ってくることに成功したピュリニー モンラッシェの注目株、ギユマール クレルク。これまで真骨頂のシャルドネだけ輸入されていましたが、今年からピノ ノワールも仲間入り。

「ピノはコート ド ニュイしか飲まない」って決めてる方にお会いしたこともありますが、これはとても悲しい事ですよね。だって、シャルドネが美味しく育つ土地ではピノ ノワールが美味しく育たないなんて事は無いんですから。

村名ではなく畑名の区画ですが、土地の威厳を語るにはそれでも十分ですし、若木じゃないし、短期といえど樽も使うし。顔(ラベル)なんて、もうどこから見てもピュリニーですよね。

それなのにですよ、このご時世を考えればなんと良心的なお値段設定なのか。

 

で、実際のところどうなのよって気になりますよね。でも、それってこのワインの一番面白い所だと思うので、是非ご自身でお飲みになって感じてくださいませ。僕はただ、いつものように状態良いワインをお送り致しますので。

ワイン販売が目的のページで味わいについてあんまり詳しく書いてしまうのは、映画のネタバレをツラツラと書いているのとそんなに変わらないと思うんですよね。

 

 

以下、輸入元コメントです。

Guillemard Clerc

1990年創業のギユマール・クレルクは、グラン・クリュ街道をムルソー村から進み、ピュリニー・モンラッシェ村に入ると目の前にT字路が現れます。そのT字路を左に曲がってすぐの場所にあります。ムルソーにも近く、ブルゴーニュのなかでも高品質な白ワインの産地です。当主は、コリーヌ・ギユマール・クレルク氏。彼女は「畑のテロワールを明確に明かすためのワイン造り」に重きおいた生産者で、とにかく畑が好き。畑は農薬を最小限に抑えた造りを実践(リュット・レゾネ)。所有する畑は約10haで、ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ、プルミエクリュ・ピュセル、フォラティエール、サン・ロマン、ボーヌなどに広がります。まだ日本への普及はこれからで、今後少しずつ認知度が高まることが予想されるドメーヌです。当主は、ピュリニーのテロワールを表現したワイン造りに注力するかたわら、趣味がバイクのツーリングというアクティブな一面も。

 

Bourgogne Rouge

ピュリニー・モンラッシェ村のコミューン内で造られるピノ・ノワール。樹齢50年、オーク樽で9か月熟成。

 

輸入元:アズマコーポレーション

詳しくはこちらの輸入元ホームページでもご確認頂けます。

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい