マリー ロシェ / レ ヴァルスーズ 2020 (フランス)

FRS00022120
FRS00022120
FRS00022120
在庫状態 : 在庫有り  最後の一本
¥3,600 ¥3,230(税別)

(税込¥3,553)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

マリー ロシェ / レ ヴァルスーズ 2020(ロゼ微発砲)

(FRS00022120)

ヴィンテージ:2020

生産国:フランス

生産地:ロワール

葡萄品種:ガメイ100

コメント【商品説明】:

今年はまたちょっと別のマメ。

【3月から10月はチルド便必須】期間中、常温便でご購入の方には、追加でチルド料金(660円)を計上させていただくか、キャンセルのお願いをさせて頂きます。ご了承ください。

お一人様2本までの限定です。

VIVITさんの新着のロゼのペットナットです。

公私ともにマルセル ラピエールと関わり、クロ ロッシュ ブランシュ出身という事で、お詳しい方には「一度は飲まねば」なワインである事は間違いないのではないでしょうか。去年惜しくも手に入れられなかった方、いらっしゃいませんか?

昨年の日本デビューヴィンテージはややマメ。

何故ワインがマメるのかってのは、現代の科学でもまだ解明されておらず、何かしらの要素が不安定であるって事なんじゃないかってくらいの漠然としたお話しなのですが、VIVITさんがマリー ロシェに「どうだった?」と問われ「ちょっとマメッてたね」って話をしたら、「オッケー、じゃあ次は少し入れるか」って事で、SO2をほんの微量のみ添加。

結果的に、そんなに入っていないのでほんの少しマメなのですが、凄く淡く、抜栓してしばらく経ってもそのマメが強くなることが無かったという不思議なワイン。去年はグラスに入れるとマメがすぐに取れて、今年はそれよりもマメ感が弱いけどあまり消えずにギリギリ許せるレベルで継続。僕の中で許せるマメはここだけなのかも知れません。まあそんな感じです。

マメるワインにご興味が無ければ、面白くもなんともないお話ですが、そういう方はきっとここまで読んではいないのだろうなと思いつつ。

 

 

※ご購入のタイミング、抜栓のタイミングにより、上記内容とは違った印象となる可能性がございますが、ご容赦願います。

 

以下、輸入元コメントです。

MARIE ROCHER

ノエラ、サイヤールと同じクロ・ロッシュ・ブランシュのセラーから誕生

ロワールの数多くの造り手に大きな影響を与えてきたクロ・ロッシュ・ブランシュ。実際、その畑を引き継いで、ボワ・ルカ、ノエラ・モランタン、ローラン・サイヤール、ジュリアン・ピノーなどのドメーヌが誕生しました。また、当初ノエラとサイヤールはクロ・ロッシュ・ブランシュの醸造所を借りていました。そしてまた一人、ディディエ・バルイエとカトリーヌ・ルッソルの手助けを受けて、クロ・ロッシュ・ブランシュの醸造所でナチュラルワイン造りを始めた女性がいます。2018ヴィンテージがデビューとなるパリ生まれのニューフェイス、マリー・ロシェです。

マリーは高校卒業後、マルセル・ラピエールで 5 年間ブドウ収穫を経験。その後は別の分野で働いていましたが、ナチュラルワイン造りに惹かれロワールに移住。レ・カプリアード、エルヴェ・ヴイルマード、ミカエル・ブージュ、ブリュノ・アリオンでの研鑽を経て、ミクロネゴスを立ち上げました。ワインをアール・ド・ラ・ターブル(食卓の芸術)と考えるマリーのワインは、味わ
いだけでなくプレゼンテーションもポエジー(詩情)に溢れています。このため初 VT からパリや欧米で大ブレイク。今回 1 年待ってやっと日本への割り当てを確保することができました。

 

マリー・ロシェについて

2014ヴィンテージを最後に⾧い歴史に幕を下ろしたクロ・ロッシュ・ブランシュは、数多くのナチュラルワインの造り手に大きな影響を与えてきました。また、クロ・ロッシュ・ブランシュの畑を引き継いで、ボワ・ルカ、ノエラ・モランタン、ローラン・
サイヤール、ジュリアン・ピノーなどのドメーヌが次々と誕生していきました。そのクロ・ロッシュ・ブランシュの醸造所を借りて、2018 年にナチュラルワインのミクロネゴスを立ち上げた女性がいます。パリから移住してきた Marie Rocher マリー・ロシェです。

1978 年にパリで生まれたマリーは、16 歳の時にヴァランスの三ッ星レストラン『ピック』に両親と食事に行ってワインを試飲し、そこでワインに魅了されました。高校卒業後は、父の友人であったマルセル・ラピエールでのブドウ収穫に参加します。美しい秋の空と太陽の下、フランスや世界中から集まった様々な人達と寝食を共に過ごした 1 ヶ月は、マリーにとって今も忘れることができない幸せな思い出となっています。その後、マリーは 5 年間、毎年マルセルでのブドウ収穫に参加しました。2 年目からは収穫の責任者も任されていました。

その時から、ワインはマリーにとって料理と同じArt de Vivreアール・ド・ヴィーヴル(暮らしの芸術=人生をより良く暮らすためのライフスタイル)となったのです。このラピエールでの経験からマリーはナチュラルワインを味わうことが自然な習慣となり、90 年台後半から 2000 年にかけてパリでナチュラルワインを提供する店が増えてきた時期に、La Regarade ラ・レガラード、Camdebordeカムドボルド、Thierry Bretonティエリー・ブルトン、 Le Baratinル・バラタン、Le Verre Volé. ル・ヴェール・ヴォレといった店に頻繁に通うようになりました。大学で地理学と都市計画を学んだマリーは、その後、フランス国外内の同分野の会社で 10 年近く働いていました。

2010年も近くなった頃、マリーは自分の情熱のままに生きたいと考えるようになり、父と共に仕事をするようになりました。マリーの父ジャン・ポールは書籍の編集者で、マルセル・ラピエールと親交が深く、ジュール・ショーヴェのテイスティングの本などを出版していました。その関係で、マリーはフランス各地で行われる Les Vins du Coin や ViniCircus や La Beaujoloise といったナチュラルワインと本のサロンに参加するようになったのです。そこで数多くのナチュラウワインを味わって味覚を鍛えていきました。

また、並行して天然酵母によるパン作りも学びました。パン作り好きで知られるピエール・オヴェルノワは家族ぐるみの友人で、マリーがジュラのオヴェルノワの家の近くのブーランジェール(パン職人)の下に滞在していた時には、オヴェルノワと一緒にいくつかのパンを作ったそうです。

2015 年 9 月からはロワールのレ・カプリアード、エルヴェ・ヴイルマード、ミカエル・ブージュで醸造を経験。翌年にはパリからロワールに移住して、アンボワーズのビオロジックワインの学校に入学。並行して、ブリュノ・アリオンのドメーヌで栽培と醸造を学びました。そして、2018年、クロ・ロッシュ・ブランシュの元醸造所を借りて、ミクロネゴスを立ち上げたのです。2020
年 7 月に隣村の Pouillé プイエに醸造所を移しましたが、クロ・ロッシュ・ブランシュのディディエ・バルイエとカトリーヌ・ルッソルは今も醸造面でマリーの手助けをしてくれています。

 

醸造の哲学

マリー・ロシェは、自分が美味しいと思うワインを造りたいと考えています。それは畑とブドウに由来する自然なアロマを備えた、味覚を心地良く刺激してくるワイン。そして、美食的なマティエールと柔らかさを備え、味覚の喜びと詩的な趣きが溢れるアール・ド・ラ・ターブル(食卓の芸術)なワインです。そのようなワインを造るためには、彼女自身がそのテロワールと畑仕事のクオリティを知っているビオやビオディナミで栽培された造り手のブドウを収穫して醸造する必要があります。マリーは以下のような哲学を大切にしながらナチュラルワイン造りをしています。

● ブドウの質と野生酵母、醸造での入念な仕事に立脚し、可能な限りナチュラルに醸造を行う小規模な生産量のミクロネゴスであり続ける。

● 自然なアロマを備えた食材と、アール・ド・ラ・ターブル(食卓の芸術)の喜びに対する情熱を持った女性としての経験によるインスピレーションを大切にする。

● 自身が出版した、ジュール・ショーヴェや、人間と環境に敬意を払いながら仕事をしているアルティザン(職人)の知識やノウハウを扱った本の内容と調和が取れたワインを醸造する。

● ワインと詩情(ポエジー)を結び付ける。文筆や出版の仕事によってワインを育む時間とともに、ワインに詩情を与えること。

 

現在、マリー・ロシェのワインは、スウェーデン、ベルギー、アメリカ、韓国などに輸出されています。イタリアやオーストリア、カナダにも輸出される見通しです。マリーの母はテレビ朝日のパリ支局でジャーナリストとして働いていたそうです。このため、マリーも日本文化に強い関心をもっています。今回、日本へワインを輸出ができるようになったことをマリーはとても喜んでいます。

 

LES VALSEUSES

ガメィで造る心地良いロゼのペットナット

Vin de France ヴァン・ド・フランス

品種:ガメィ 100%

醸造:手摘みで収穫したブドウをダイレクトプレスして野生酵母のみでタンクで自発的に発酵。SO2 やその他の醸造添加物は一切加えずに醸造。メトッド・アンセストラルで、アルコール発酵が完全に終了していないワインを残糖を残して瓶詰めし、瓶内で完全にアルコール発酵を終了させる。ア・ラ・ヴォレでデゴルジュマン。ドザージュも SO2 も無添加。

2020 ヴィンテージはビオの造り手ジュリアン・モローからの買いブドウで醸造。収穫は 8/27~8/28。2020年9月13日に瓶詰め。総生産量5,500本。アルコール度数は11.5度。2021年 11 月時点の SO2 トータルは 10mg/l 以下(検出限界値)

味わい:淡いサーモンピンクの色合い。イチゴやラズベリー、スイカズラなどの心地良い香り。微かにミネラルのノート。アタックはとても柔らかく、リンゴや洋ナシ、イチジクを思わせる旨味のある味わい。余韻にはバターを思わせるニュアンスが感じらる。

~マリー・ロッシェ自身によるコメント~

『キュヴェの名前には二つの意味があります。一つは、常識的に世間に順応して生きる人達よりも、より自由に人間らしく生きる若者を描いたベルトラン・ブリエ監督の同名の映画へのオマージュです。もう一つは、文字通り「ワルツを踊る女性」という意味です。これはピチピチと跳ねるペットナットの泡が、まるでエチケットのイラストのようなワルツを踊っている女性を連想させてくれるからです。』

 

輸入元:VIVIT

詳しくは下記輸入元の紹介ページをご覧ください。

http://www.vivit2012.co.jp/cn7/marierocher.html

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい