ボネ ユトー/ ミュスカデ セーヴル エ メーヌ レ ゴートロニエール (フランス/ロワール)

FRB0006117
FRB0006117
FRB0006117
在庫状態 : 在庫有り
¥1,900 ¥1,710(税別)
数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

ボネ ユトー/ ミュスカデ セーヴル エ メーヌレ ゴートロニエール 2017(白)

(FRB0006117)

VT:2017

生産国:フランス

生産地:ロワール

葡萄品種:ミュスカデ

コメント【商品説明】:

シュール リーに頼らずに、ブドウのポテンシャルを個性として引き出すミュスカデとしてご紹介したボネ ユトーのボネ ブラン。瞬く間に消費され、輸入元完売となりました。次のロット到着まで、ブドウのポテンシャル+シュール リーも16ヵ月してしまう上位キュヴェが代替え出荷されています。しかも、まさかのお値段据え置き!こういった出物はワイン業界ではよくある話。この機会に是非お試しを。

 

※以下、輸入元コメントです。

1883年創立の歴史あるドメーヌで2007年に有機認証を取得しました。今後48ヘクタールすべての畑をビオへ転向予定。ミュスカデの伝統を重んじつつ、「安くて軽いワイン」というイメージを払拭するため、繊細で旨みのあるミュスカデづくりに日々勤しむトラディショナルとモダンが融合する生産者です。息ぴったりの兄弟での取り組みを見ていると、今後の更なるクオリティの向上を期待できます。ナント地区の土壌の特徴として、片麻岩、シスト、雲母片岩、花崗岩で構成される酸性岩で鉱物種が少ない土壌と、マグネシウム、鉄を主成分に含む鉱物が豊富な斑れい岩、アンフィボリット、プラジナイトの土壌の2種類があり、同ワインは後者の土壌で育ったミュスカデ種からつくられています。アンフィボリットは水はけが十分で水分を保つことができるので、ぶどうの根は地中深く伸び、ミネラルを吸収しながらゆっくり成熟していきます。

無農薬栽培を基本にビオディナミを取り入れ進化を続けるボネ・ユトーの区画名を冠したキュヴェです。セメントタンク発酵後そのまま16 ヶ月熟成しました。淡いイエローの外観からメロンや時間と共に南国系果実の甘い香りが拡がります。アタックにしっかりとした酸を感じますが、柔和な果実と共に流れ出す酸は丸みを帯び土壌由来のミネラルとほろ苦さがバランスの良さを演出してくれます。

 

輸入元:ディオニー

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい