アントニー パレ / IGP コリンヌ ローダニエンヌ ラ キャボーヌ (フランス/ローヌ)

FRR0023219
FRR0023219
FRR0023219
在庫状態 : 在庫有り
¥3,800 ¥3,410(税別)

(税込¥3,751)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

アントニー パレ / IGP コリンヌ ローダニエンヌ ラ キャボーヌ 2019(赤)

(FRR0023219)

VT:2019

生産国:フランス

生産地:ローヌ

葡萄品種:シラー100

コメント【商品説明】:

コート ロティ対岸のパレ家のシラー。

アントニー パレから待望の新キュヴェが登場です。

ミストラルの吹き抜ける風の谷、ローヌ渓谷。その北の要所、コート ロティの南向きの対岸に植わる、パレ家に受け継がれるシラー(ローマン シラー)は、ピノ ノワールの祖先だと言われています。ゆっくりと熟成した北ローヌのシラーを飲むと、ピノ ノワールと見分けがなかなか難しい程に近寄ってきますから、それも納得です。

「いやいや、地続きだからってそんなことはないでしょ」って方にこそ飲んでいただきたいシラーがこちらです。

もちろんピノとは別ものですが、しっとりとした舌触り。

そもそも先代のアランが切り開かなければ、ずいぶんと永いことブドウすら植わっていなかった畑なので、AOC呼称ができません。IGPとして出てますが、アントニーがサンジョセフやコートロティ、コンドリューを詰める瓶のラベルデザインになっているあたり、このワインに対するアントニーの想い入れが感じられます。

エレガンスに満ちた、ローマン シラーのポテンシャルを最大限に引き出し、そのままを瓶詰め。

限定30ケース、360本のみ日本に届きました。ぜひぜひ。

 

 

以下、輸入元コメントです。

このワインは、いにしえの銘醸畑の葡萄を使用。畑は先代のアラン・パレ氏が開墾し、復活させたスペシャルなワインです。
南仏の有名な畑、「コート・ロティ」の対岸。南向き急斜面の畑は「セイシュエルの丘」と言われています。
この丘は紀元前 300 年前より素晴らしい畑だと知られていましたが、到達困難によりいつのまにか廃れて岩だらけに。
アランは、その岩をなんとダイナマイトで爆破!人に「あいつはウサギと一緒にのたれ死ぬ」と揶揄させながらも、彼はいにしえ
の銘醸ブドウ畑を、見事によみがえらせることに成功したのです。今から約 20 年前の話でした。
父アランの後を受け継いだ「アントニー・パレ氏」は、さらにワインの味わいに磨きをかけました。蔵元に泊まり込み家に帰らな
いこともしばしば。それが原因か、奥様とは離婚となってしまったとか。クレイジーな働きぶりは、この蔵で働いたことのある弊社の堀井君が、よく知っていることでしょう。
アラ

ンが生涯をかけて開拓した畑より、息子のアントニーが最高の情熱で造るワインを、今回初めて分けていただきました。
「パレさん」のワインがお好きな方に、ローヌワイン、フランスワインをこよなく愛する方に、ぜひ味わっていただきたい逸品です。

「アントニー・パレ氏のワイン造り」
葡萄品種;シラー(ローマン・シラー、セリーヌ)100%。
この品種は、カリフォルニア大学の遺伝子研究の結果、ピノ・ノワールの祖先であることが、
実証されているそうです。
農法;月の満ち欠けに従い耕作。有機栽培。自然の草花である、ラベンダーを発酵させた
肥料。牛や豚の堆肥は、なにを食べているのか不明のため使用しない。ミミズの力を借り、
土中に酸素やフンなどの栄養分を送り込み、土壌を強くする。
醸造他;手摘み。サンジョゼフで一度使用した樽で、8 か月熟成。
味わい;あくまでも洗練された、上品で上質なワインに仕上がった。香りはチェリー、ラズベリー、新鮮なイチゴのような、フレッ
シュでチャーミング。味わいは、柔らかで、良く熟した赤い果実の印象。後味もしっかりしている。スパイシーさも十分で、全体
によく調和がとれている。グリルした肉に最高!

 

輸入元:三幸蓮見商

詳しい情報はこちらからの輸入元ホームページでもご覧いただけます。

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい