オレリアン ヴェルデ / ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ ル プリュレ ルージュ (フランス/ブルゴーニュ)

FRR0023819
FRR0023819
FRR0023819
在庫状態 : 在庫有り
¥3,800 ¥3,410(税別)

(税込¥3,751)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

オレリアン ヴェルデ / ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ ル プリュレ ルージュ 2019(赤)

(FRR0023819)

VT:2019

生産国:フランス

生産地:ブルゴーニュ

葡萄品種:ピノ ノワール100

コメント【商品説明】:

本陣のHCNの南側斜面で育つ、ハイポテンシャルのピノ ノワール。

ついにリリースされた2019年。果実味の恩恵を受けた2018年もとても好評でしたが、個人的には2019年の方が飲んだ時にやっぱりオレリアンらしさが楽しめるんだなと思っております。

先日、ジョルジュ ルーミエを飲んだ時、やっぱり(ものすごく)美味しくて一番好きだなって思いましたけど、お値段と買えない状況を考えたら、オレリアンのワインはその欲を満たしてくれる唯一の存在なんだと改めて実感しました。そう書いてしまうと、ルーミエが飲めないから仕方なくオレリアン ヴェルデのワインを飲むのかって事にもなりかねませんが、決してそんな事では無く。

そのうちに、僕の中では彼が僕にとっての次のルーミエになるんじゃないかと言う気配は感じているんですが、彼のワインはなかなかお値段が上がりません。2018年から更に収量の落ちた2019年でも価格を維持。品質と需要を考えたら一気に数百円値上げでも違和感が無いくらいなのに、なんて良心的なんでしょうか。

一番の問題はですね、リアルワインガイドの徳丸さんも叫んでましたが上のキュヴェが売れないんです。全国的に。先日、輸入元のディオニーさんの担当さんとお話ししたら、2019年の上のキュヴェの輸入の予定立ってないそうです。これ、なぜかというと今彼のワインはどちらかというと「自然派ワイン」と言うまやかしの様なカテゴリーに属されてしまう事が多いのですが、トレンドとして「自然派ワイン」を追いかけている方は、一度そのワインを経験するともう二度とは手に取らない傾向にありますし、その試すワインは一番安価なエントリーキュヴェである事が多いのです。でも、それが悪い事だと言いたい訳ではありません。

でもそれは食べログの評価の良いお店を、ランチだけ食べて評価してしまい点数を付けて、それがディナーまで含めたお店全体の評価となってしまう構造と似ているなぁとは思います。

オレリアンのワインは、ブルゴーニュを愛してやまない方が気に入った造り手のワインを毎年手に入れる為に奔走したり、美味しいと思ったワインであれば一級や特級のワインも試してみたくなるような感覚とはちょっと違った需要が集中してしまった事で、低価格のキュヴェだけ消費されると言う循環が続いています。

こういった状況ですと、彼の品質から見れば決してお値段は高くない村名ワインや一級ワインの日本向けの割り当てが無くなってしまうのではないかという心配もありますし、逆に彼のワインがブルゴーニュが好きな人にもっと知れ渡ったら、秀逸なブルゴーニュワインらしい需要となり、ワインがが買えなくなってしまうかも知れませんから、複雑なファン心理からの葛藤が尽きません。

 

以下、輸入元コメントです。

Aurélien Verdet

2004年の初訪問から5度目の夏2009年6月、ブルゴーニュのブドウ畑が輝く緑を湛える中、オレリアンとアランが笑顔で迎えてくれました。コートドールの中心ニュイサンジョルジュ村から西に約10キロ、山道を走り抜けるとARCENANT(アルスナン)村に到着します。1604年からこの地に住むヴェルデ家は、父アラン・ヴェルデが1971年よりビオロジック農法を開始し、ブルゴーニュの中でも自然栽培の先駆者として知られています。オレリアンは18歳からの3年間、モーターバイクレースのフランスナショナルチームの選手として活躍していましたが、危険がつきまとう仕事であったため以前から興味のあったワイン造りに舵取りを変更、22歳で成人向けのワイン育成コースに入門します。ビオロジックさらにビオディナミ農法を学ぼうと研修先に選んだのは、ギィ・ボサールとマルク・アンジェリ、父から受け継いだ伝統をベースに更なる自然志向を深めて来ました。アランのブドウで初めて醸造を手がけたのが2003年、翌年には引退を決意したアランから、オート・コート・ド・ニュイの畑とアルスナンの醸造所が受け渡されました。

2004年ヴィンテージで鮮烈なデビューを果たしたオレリアンは、ブルゴーニュの若手造り手の中でも実力派として認識されるようになり、多くの愛飲家の期待を一身に受けワイン造りに邁進してきました。2008年にはブドウ購入が大変難しいとされるヴォーヌロマネの畑を幸運にも引き継ぐ機会に恵まれるなど、コートドールでのワイン造りにも情熱を傾けています。

「私より強い自然志向」と父のアランも太鼓判を押すオレリアンは、畑には自然肥料しか与えないことで土中の生命を活発化させ、そこから生まれるブドウの視覚、聴覚、味覚など官能特性を引き出しワインに表現しています。高収量を避けるためブドウ樹は短く剪定、初夏には太陽の光を取り込むため部分的に葉摘みを行い、厳選した選果のもと手摘み収穫します。

2008年には最適な衛生状態を保つため醸造所を新装しました。温度管理付のステンレスタンクを導入し、キュヴェゾン(浸漬)時のmout(果もろみ)の温度を完璧に保つことを重要視しています。キュヴェゾンで色とタンニンを最大限に抽出する代わりに、タンニンが出過ぎないようピジャージュは控えています。これらの作業は目が離せないので時間を要しますが、むやみやたらなブルゴーニュワインの価格高騰を疑問視するオレリアンは「だからこそ品質と価格が見合ったワイン造りをするべきだ」と言います。

醸造所の投資額は目を見張るもので、覚悟を据えたオレリアンの眼差しは2007年に会ったときよりも数倍光り輝き、また揺るぎないものへと変化していました。繁忙期に家族の手を借りるぐらいでほとんどの作業を一人でこなし休みなしに働くオレリアン。伝統と革新を地で行く、これからがますます楽しみな生産者です。肩肘張らない自然体の完成度で、綿密なミネラル感、伸びやかな酸、上品な味わいが絶妙のシンフォニーを奏でます。伝統的なオート・コート・ド・ニュイは言うまでもなく、ニュイ・サン・ジョルジュを代表とするコートドールのプリミエクリュと村名ワインは、その年々の気候条件を考慮し、それぞれのテロワールのキャラクターを見事に表現しています。

 

Hautes-Cotes-De-Nuit Le Prieure Rouge

アルスナン村に1971年から所有する区画ル プリュレの粘土石灰土壌で育つ樹齢40年のピノノワールを除梗しセミマセラシオンカルボニック後プレスし発酵、古樽で15ヶ月熟成しました。光沢ある明るいルビー色、ほんのりセサミに赤いベリーの香り、瑞々しい果実感に細やかなタンニン、心地の良い酸の後に少し甘味を伴うバランスのとれた味わいが素晴らしい逸品です。

 

輸入元:ディオニー

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい