クラインクネヒト / クレマン ダルザス ブリュット (フランス/その他の地方)

FRS0002117
FRS0002117
FRS0002117
在庫状態 : 在庫有り
¥3,100 ¥2,780(税別)
数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

クラインクネヒト / クレマン ダルザス ブリュット 2017(白泡)

(FRS0002117)

VT:2017

生産国:フランス

生産地:アルザス

葡萄品種:ピノ ブラン、ピノ グリ、シャルドネ1/3ずつ

コメント【商品説明】:

※瓶詰め時にSO2無添加の為、チルド便でのお届けを強くお勧めさせて頂きます。カート内でご選択ください。常温便での配送の際の再発酵等による返品には応じ兼ねますのでご了承ください。(5月~10月)

サン スフルで楽む「クレマン ダルザス」です。

とある情報筋から「2017年のクレマンはネガティヴな要素が無いので買いですよ」とタレこみがありまして。

何を求めて無農薬を実践し、そこからナチュールへと切り替えていくのかは人それぞれ。2017年のワインをこの状態で瓶に詰めたという事が、ひとまずの結果であるわけですが、これまでもこれからも、とても楽しみなワインであることに変わりありません。

繊細さが光る、やわらかな佇まい。冷たく冷やしても良し、すこし温度を上げてブドウの味わいを楽しむのも良し。

 

以下、輸入元コメントです。

Kleinknecht

アルザス地方は北のBAS RHIN県と南のHAUT RHIN県の2つの行政から成立つワイン産地で、フランスでも2番目にGNPの高い豊かな地方です。1位は勿論パリ市のイル・ド・フランスですから、実質地方都市としては断トツです。フランス通なら67番の車はストラスブールが県庁、68番がコルマールは県庁とご存知ですね。ドイツと隣接し、標識も目に付くアナウンスはフランス語とドイツ語の2つで書かれております。

そのストラスブールのバーラン県に位置する小さな村、MITTELBERGHEIMに7代続く名門KLEINKNECHT家。長男アンドレ・クラインネクト氏は1968年8月4日生まれ。1991年からワイナリーを手伝い、醸造家として25年以上の経験豊富な乗りに乗った今働き盛りの生産者です。お父様は2002年に引退し、その後はアンドレが全て引き継ぎ、その当時7.5㏊の規模でしたが、ゆっくりと畑を買い増し、現在は9.5㏊の所有者となりました。1998年にBIOに切り替え、2012年からバイオダイナミック農法に切り替えました。デメテールには2014年から申請。瓶詰めはお爺様の時代から始め、お父様の時代は馬で畑を耕しておりました。今は馬を手放してしまったけど、時々友人の馬で畑の一部を耕しております。畑は無農薬ですが、ナチュラルワインに切り替えたのは最近です。

彼のラインの半分以上は無農薬ワインですが、醸造過程に拘るナチュラルワインではありません。SO2を使用しないワインの存在は知ってはいたけど、なかなか踏み切れませんでした。そんな時、クリスチャン・ビネール氏やパトリック・メイエー氏と出会い、「自分でも実践してみよう!」と決意しました。ご存知の通り、今はJura地方やAlsace地方で若い生産者がどんどんナチュラルワインを作り始めております。アルザスは元々バイオダイナミックの本拠地でしたが、なかなか浸透しませんでした。が、この2~3年アンドレのような若い生産者が一気にナチュラルワインの世界に足を踏み入れ、新たな時代が到来しているのです。彼の古いスタイルのワインはすでに日本に入っておりましたが、新しいスタイルのワインは今回Dionyさんとご縁が出来ました。

Pinot Blanc 33% Riesling 29% Pinot Gris 9% Muscat 1% Gewurztraminer 10% Pinot Noir 8% Chardonnay 2% Sylvaner 2% 他6%実は今、どんどんPinot NOIRを植樹しております。勿論クローンでないので時間はかかりますが非常に素晴らしいピノで、ここのクレマン・ロゼは本当に綺麗で美味しいです。勿論他のワインも美味しいですが、収量は他のアルザスの生産者と同じ位取れるので、厚みは若干弱いです。しかし値段はカジュアルで非常にコスパの良い優良生産者です。近所の農業高校でワインを学びましたが、その頃学んだ事はすっかり忘れているし、実践的ではないと笑っていました。彼は無農薬の生産者が少ない98年~無農薬に挑戦し、自分で自ら勉強したのです。学校で学ぶより畑で色々実戦で学んで来た、たたき上げの醸造家です。お父様の代では化学肥料を使っており、実際は父親よりも自ら見聞きしてアンドレの栽培方法を身に着けました。ナチュラルワインへは2015年に転向しましたが、畑に対する愛情・知識は半端ではありません。ドイツ人のような几帳面な性格で、一つ一つ慎重に丁寧に仕事を進めますですから今年より来年、来年より再来年と確実にワインの味わいに反映される事間違いなし。今までは良心的で地元で殆ど消費されておりましたが、今回出会う事が出来、これから色んな企画をアンドレと一緒に開発する予定ですので、楽しみにしていて下さい。

 

Crémant d’Alsace Brut

自ら無農薬を実践し畑で学び続けるアンドレのSO2無添加クレマンです。3品種をプレス後、35hlの木樽で9 ヶ月発酵、ティラージュし15 ヶ月の瓶内熟成を経てデゴルジュマンしました。グリーンイエローの外観から細かくクリーミーな泡、青りんごやライムの香り、バランスよく纏まった味わいで引き締まった酸とシンプルな果実感からドライな印象を受け、中程度の余韻が続きます。

 

輸入元:ディオニー

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい