TOPランディングページ

ソムリエふたりでやってます。

店主 吉澤和雄
恵比寿Kinoe様にて
吉澤佳世子
クーレ ド セランの畑にて

目指したのは良質なワインのセレクトショップ。

お互いにソムリエとしてワインに携わった後、「ワイン商 ル・グラン・ノワール」
というレストランへのワイン卸し販売専門店をスタート。ただ販売するのではなく、
自身のソムリエ経験から顧客であるレストランのソムリエさんのサポートを得意とし
都内を中心にいくつものレストランのワインリストをプロデュースしてきました。

「吉澤ワイン商店」は、皆様のご家庭の食卓に【良質なワイン】をおすすめし、通販
にてお届けすることがコンセプト。たくさんの方にご協力を頂きまして、厳しい基準
で選んだワインばかりをご用意しています。

おすすめ出来るワインだけを通販でお届け。

ローヌの奇才、アランパレの
全てを受け継いだアントニー
【送料無料!6本10,000円】
ソムリエが選ぶ家飲みワインの決定版
リピート率がダントツです。
世界最高のカリニャン。

 


吉澤ワイン商店の5つのお約束。

no1

皆様のご家庭の食卓を担当するソムリエになります

レストランでお客様を担当する気持ちでご案内します

no1

輸入状態の良いワインのみ販売します

輸入元など、明確なトレーサビリティをワインにも

no1

セレクトに妥協をせずにご提案

お付き合いで仕入れたワインはありません

no1

問屋を通さず直接仕入れ

こだわりの有る輸入元から買い付けます

no1

過剰な表現ではなく感じたままをお伝えします

ネットに溢れる、いわゆるワインショップ的な過剰表現が苦手です

 

星の数程のワインから、おすすめだけを。

今、日本には世界中の美味しいワインが集まって来ます。何を基準に選びましょうか。
美味しいかどうかは大前提として、僕たちがご提案するのはワイン自体の品質です。
美味しく作られたワインを、美味しいまま食卓にお届けする。簡単なことの様でいて、
これがなかなか難しいことだったりするのです。

ところで【良質なワイン】ってなんですか?

ワインと接する時間が教えてくれました。ワインは案外強く、丈夫です。
でも、そんなワインが傷んでしまうくらいに、可哀そうな扱いを受ける事があります。
ほとんどの要因は輸入の時の温度管理。赤道をどうやって越えて来るかで決まります。
同じ名前、同じ年のワインでも輸入会社が違うと味わいが変わります。甲乙付きます。
健全な状態で輸入されたワインだけに感じられる、代えがたい良質な香りや味わい。
これらを楽しめるワインを【良質なワイン】としておすすめしています。

シャトー ペトリュスの葡萄畑には、今でも薔薇が一緒に植えてあります。
昔、より弱い薔薇が先に病気になる事で、葡萄の疫病を未然に防ぐことが出来ました。

吉澤ワイン商店では、輸入元を厳選する事で劣化したワインの仕入れや販売を未然に防ぎ
皆様に安心して【良質なワイン】のお買い物をお楽しみ頂けますようにご案内します。

「リーファーコンテナ輸送」に騙されないで!

「定温便」とか「リーファー輸送」って書いてあるとちゃんとしてる様に見えますが、
必ずしもそうとは限りません。ワインが温度調節が出来るコンテナに入っていても、
肝心のコンテナが船の甲板に乗っていては台無しです。赤道直下では急激な温度変化に
ワインは負けてしまいます。又、熱くなったコンテナ内を冷やそうと頑張ってしまうと
冷気の吹き出し口付近のワインが凍ってしまうなんて事も…。

結局、飲むしかないんです。

さて、そうなると一体何処のワイン輸入会社が健全なワインを輸入できるのか。
これを知るには船の会社と仲良くなるしかありません。仲良くなった船のお仕事の方曰く
「ワインは【Under the Sea】がベスト」だそうです。
コンテナに空調がついているかどうかではなく、船内でコンテナが置いてある場所が海面よりも下かどうか。
地下と同じく、海面下も温度変化が少なくワインにとって最適な環境なんですね。
さすがに全部は教えてもらえないのですが、こちとらソムリエ。飲んだらわかります。
又、美味しいワインのベストの状態を知った上でのテイスティングも重要です。

 

 

ちょっとの劣化が命取り。

ワインが分かりやすく劣化していれば、その輸入会社を外せば良いので楽なのです。
むしろたちが悪いのが、微妙な熱劣化だった時。良く見かけるコルクの不良のブショネの様に開けたての時にはハッキリとわからないなんて事もあるんです。でも、なんだか怪しいなって時はワインのコルクを抜いた後、1週間ほどワインセラーに放置して再検査。駄目なワインはこれではっきりわかります。酸化による変化だけでなく、果実味に隠れた劣化臭が出てきます。

「有名な作り手なのに、結構高かったのに、
ものすごく美味しいってわけでもないんだな…」
そんな時、お手元のワインはちょっとだけ劣化しているのかもしれません。

その劣化、20年かけて調べておきました!

時間と手間のかかる面倒な劣化の検証ですが、レストランのソムリエとしてグラスワインを提供するというお仕事を20年ほど続けている中で、ここのワインは良い、ここのはイマイチなんて事が見えてきました。もちろん、日本の全ての輸入会社のワインを検査できている訳ではありません。でも、僕が経験してきた中で、ソムリエとして自信を持っておすすめ出来るワインだけを販売します。

グラスワインだけでなく、ボトルワインも抜栓後ご提供前にテイスティングを行いますので
一日、少なくとも平均20本。年間のお仕事が250日としても、20年間で10万本!

トレーサビリティをワインにも。

産地がどこだとか、誰が作っていますよってだけではなくて。
『どこの会社が輸入したのか』これが分からないと僕にはワインは買えません。
ワイン産地に出向いて飲むのではなくて、
日本にいながらにして家飲みワインを楽しむならば、きっと必要なその情報。
吉澤ワイン商店は全てのワインで公開します!

 

ワインは輸入元で選ぶ時代へ。

『〇〇って輸入元のワイン美味しかったから、別のを試してみようかな』
なんて声が聞こえてくる日はもうすぐそこに。
各輸入元のバイヤーさんの好みは、飲んでいるうちにきっと伝わると思います。
葡萄品種や地方、生産者の名前で選んでいるだけでは、たどり着けない【良質なワイン】への扉。
家飲みだからと諦めないで、美味しいワインは僕達がおすすめします。

健全な輸入状態のワインでしか味わえない本物のワインの味わいを感じてください。
「ワインは現地で飲まないと駄目だ」なんて言われたのは昔々。選び方さえ間違えなればご家庭でもレストランの様に、香り高く、味わい深いワインをお楽しみ頂けるはず。

 

ご利用頂いたお客様の声をご紹介。

ワインいただきました~
またよろしくお願いいたします!!
東京都(女性)

夕べ、○○を開封いたしました!
良い感じに熟していて、コンフィと頂きました!
今日は暇に任せて、豚のバラワイン煮を作ってみたので楽しみです。
神奈川県(男性)

ワインありがとうございました。無事に届いております。
今回は○○を気に入ってしまいリピートでした。
日常ワインのファイナルアンサーはこれじゃないか!?
となっております。今後ともよろしくお願いいたします。
埼玉県(男性)

ワイン届きました♪ありがとうございます。
ご丁寧に手紙まで…少しでもお役に立ちますように
※カリフォルニア山火事のチャリティワインをご購入頂いて
北海道(男性)

ワイン発送有難う御座います。次来るワインも楽しみに待っております。
飲んだワインは写真撮って感想書いてますよ!
※毎月定額でセレクトしお届けしているお客様より
北海道(男性)

勝沼のワインで欲しい商品がなかなか売っていなくて困ってました。
こちらに売っていたので助かりました。またお願いいたします。
東京都(女性)

会社のバーベキューの際に利用しました。
皆喜んでくれました、ありがとうございます。
次は自分の為のワインをお願いします!
埼玉県(男性)

 

さて、お料理とどうやって合わせましょうか

 

各ワインのご紹介ページで、合わせるお料理のご紹介をしています。
でも、ピンポイントでワインと料理を合わせるのは難しいもの。
相性の良いものも大切ですが、相性の悪いものはもっと大切。

 

相性の悪い組み合わせの例

青魚、サーモン、牡蠣、白子、魚卵など × ピノ ノワール

※生臭いものとピノは合いません。酸化した白ワインも合いません。
白ならフレッシュなソーヴィニヨンかシュナンブラン、ドイツ系のものを。
赤でもカベルネフランやカベルネソーヴィニヨンなどはそこそこ合います。

 

合わなそうだけど意外と合う例

卵料理 × シードル

塩辛などの酒の肴 × シュナンブラン

オイスターソース × 貴腐ワイン

パクチー × グルナッシュブラン

秋刀魚 × カベルネフラン

甘辛い煮物 × マスカットベリーA

天婦羅 × ジンファンデル

根菜 × ガメイ

 

鉄板のマリアージュの例

魚卵 × シャンパーニュ

ガレット × シードル

豚の脂 × リースリング

シェーブルチーズ × サンセール

フォアグラ × ソーテルヌなど

サーモン × セミヨン

甲殻類 × シュナンブラン

マグロ × 辛口のロゼ

バジル × 辛口のロゼ

牡蠣 × 昔の薄いシャブリ

羊 × ボルドーの赤

赤ワイン煮 × ピノ ノワール

鶏 × ピノ ノワールやシラー

ジビエ × グルナッシュ

組み合わせは自由。
色々試して楽しみましょう!

吉澤ワイン商店、こんな事もやってます。

東京の西半分を中心に、
ワインがテーマの会をやってます。

吉祥寺、立川、羽村、青梅などの飲食店を中心に出張ワイン会を行っています。
開催情報などはサイト内ブログやフェイスブックでご確認いただけます。

いつかお役に立てばと思って。

「いつ、いくらで買ったっけ」を表示。

お求め頂いたワインには、いつ・どこで・いくらでが分かるタグをお付けしています。
飲み忘れたり、寝かせていたりするうちに忘れてしまうものですから。
「いくらで買ったか覚えてないな…」を、防ぎつつ
「あの時買ったこのワイン、今こんな値上がりしてるのか!」という楽しみも。

 

当店のワインは【良質】です。

安心して寝かせてください。

劣化したワインは熟成しても変化しないか、劣化がさらに進んで価値がなくなります。
良質なワインだけに許される、健全な熟成がお楽しみ頂けます。
ご自宅で寝かせるならば、良質である事は必須。
大切なワインのラベルが傷つかぬ様、1本づつフィルムで保護してお送りします。

 

もちろん、すぐに飲んでも美味しいです。

「良いものは良い」
熟成がよりワインを高めてくれる事ももちろんあります。
しかし、若い時には若い時なりの楽しみ方があるはずです。
でもそれも、良質で健全であればこそ。

 

失敗しないワイン選びをご家庭で。

実は日本で飲まれているワイン、意識の改革、流通の改善によって概ね良質です。
でも、ほんのわずかの極一部、そうでないワインが混ざってます。
それを見極めるのも私達ソムリエのお仕事でもあります。

インターネットの普及でお買い物は便利になりました。
お店とお客様のお顔が合わせられないインターネットで、
安心して良い状態のワインが買える。ただそれだけを目指して。

 

 

お客様の食卓の【おかかえのソムリエ】に。

晴れの日のレストランの食事の時や大切な方へのプレゼントのワインを選ぶ時に、
レストランやワインショップのソムリエさん達に相談しながらワインを選ぶ様に、
普段のご家庭で飲む気軽なワインを選ぶ時におまかせ頂くソムリエになりたくて。
ワインの事なら何でも構いません。お気軽にお問合せ下さい。

 

会員の方も、そうでない方も、ワインに関する事なら何でも結構です。
ワインとお料理の相性など、難しく考えてしまうと大変です。
ご自宅でのワインの保管方法、実はそんなに難しくないかもです。
パーティのご相談、プレゼントのご相談、レストランでのワインの選び方などなど。

 

 

吉澤ワイン商店

ショップ名 吉澤ワイン商店
販売事業者名 吉澤ワイン商店 (吉澤和雄)
代表者 吉澤 和雄
販売責任者 吉澤 和雄
郵便番号 198-0024
都道府県 東京都
市区郡 青梅市
町村字番地 新町3-49-1
建物名 レクセル小作パークス306
電話番号 0428-27-5349
FAX番号 0428-27-4941
メールアドレス info@chaiyoshizawa.com