【特価】ブロック セラーズ / カベルネ フラン ハッピー キャニオン 2015 (アメリカ)

USR0002015
USR0002015
在庫状態 : 在庫有り
¥5,000 ¥3,360(税別)

(税込¥3,696)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

【特価】ブロック セラーズ / カベルネ フラン ハッピー キャニオン 2015(赤)

(USR0002015)

VT:2015

生産国:アメリカ

生産地:サンタバーバラ

葡萄品種:カベルネ フラン100

コメント【商品説明】:

3月~11月まではチルド便のご利用(追加660円)が必須です。ご購入時にカート画面にてご指定下さい。

※ご指定頂けない場合はこちらで付加させて頂くか、キャンセル扱いとさせて頂きます。ご了承ください。

安いワインには気を付けましょう。

インターネットのワインショップで【〇〇%引き!】って書いてあるのを良く見かけますが、得体のしれない値引きされたワインって、怖くないですか?

お酒を販売する為の酒販免許には大前提のルールがありまして、利益を出さずに販売しちゃいけないんです。過度な競争を防ぐ為なのか、横流を禁止する為なのか、詳しい理由の説明は有りませんでしたがとにかく「利益は出すように」と管轄の税務署からは念押しをされ、日本中の酒屋さんは営業をしています。

スーパーマーケットで卵は「1パック10円!お一人様一点限り!」なんてやっていたりしますが、ビールを10円で数量限定で販売して客寄せパンダにしているのは見たことないですよね。それをやってしまうと税務署の人に怒られてしまうんです。怒られるだけならまだしも、最悪のケースでは酒販免許がはく奪されてしまうのです。

在庫処分の為に一時的に安くするってのは許容される事もあるようですが、断続的に赤字での販売は禁止です。なので、どんなにワインが安くても、営業が続いていると言う事は、その会社は最終的に利益が出ているという証拠なのです。

過度に値引きされたワインっていうのは、値段を引かないといけないような特別な事情がある処分ワインである可能性が高くなります。そういったワインに大きな期待をするのは多少のリスクが伴います。

自社輸入をしている会社のワインなどでは、値段設定がそもそも高いだけって事も結構あります。

卸売りも輸入もボリュームディスカウントの振り幅が大きいのがお酒の業界ですから、当店よりも安くワインを仕入れられるお店はたくさんあります。(むしろ、ほとんどそうだったりして…)

なので、吉澤ワイン商店としましては、無理なお値引きではなく状態の良い美味しいワインを販売する事で、お客様にご満足頂ければと思っておりまして、その部分に関しましては自信を持って日々パソコンを叩いております。

 

 

いつもの様に前置きが長くなりました。すいません。

今回のブロック セラーズの特価販売ですが、これはワイン業界で時より起こる「生産者と輸入元の契約終了時、倉庫の費用がこれ以上かからない様に在庫を放出する為の特価卸売」に基づくお値引きなので、ある意味正常なお値引きと言えます。

なので、吉澤ワイン商店が実を削って安くしているのかと言えば、そうではありませんのでご安心ください。仕入れ値が安かった商品を、お安く販売するのは酒販免許的にオッケーなので。もちろん、高く売るものオッケーです。

 

丁度良く熟成した、魅惑のフラン。

出ました、カベルネフラン。カリフォルニアの自然派の中でも、特に人気のあるブロックセラーズですから、納得のいく値段設定だと思うんです。こんなお値段は今だけですよ。新しい輸入元が決まったら、こんなお値段では出て来ませんが「なんか高くなったね」とか言わないで上げてください。今が以上に安いだけなんです。

吉澤ワイン商店のお値付けですと通常価格4928円のところ、まさかの3696円!早い者勝ちで。

 

以下、輸入元コメントです。

Broc Cellars

「私たちのワイン造りの目標は、ブドウの自然な表現を引き出すことです。収穫されたブドウを見てイメージを膨らませ、ワイン造りに着手します。 赤にするか、白にするか、発泡が良いか、濃くするか、薄い方が良いのか・・・等々。今の私たちには大きなマーケットが存在します。私たちのワインの考え方が今の時代に合っていると確信しています。私たちはもっと努力しなくてはなりません。 そしてワイン造りの過程の多くの情報や出来上がったワインについて正確に詳述することを約束します。」 – Chris Brockway

ナチュラルワインの先駆者

ブロック・セラーズは、ブドウの生育に重要な固有環境や土壌の性質をワインに活かすことを最大の目標にしています。ブドウが持つ本来の素質や特性を発揮する為に、持続可能な農法および有機栽培またはビオディナミ農法によるブドウが不可欠と考えています。水はけがよく、程良くやせた土壌、急な勾配のある斜面、冷涼な気候、樹齢が高いブドウの樹、灌漑されていないブドウ畑…などがワインに様々な要素を与え、造るワインの表現力を助けてくれます。

ここ数年、ナチュラルワイン市場が大きくなるにつれて、安全で健全なブドウの入手が難しくなってきました。そこで私たちは、限定された肥料を使い、農薬・除草剤・殺菌剤を使用せずに栽培されるブドウを95%以上確保しました。これらはパートナーシップを結んでいるブドウ畑のオーナーとの協力関係と理解が大切で、このような契約を結び良いブドウを調達できることはうれしい限りです。

加えることはしない

すべてのワインはブドウの自発的な発酵を促して醸造しています。つまり、ワインを造るためにブドウに存在する天然の酵母とバクテリアのみを使用するというプロセスです。これは、今のスーパーやワインショップにある多くのワインとは異なります。我々は何も追加しません。ブドウにもともと含まれる栄養素、酵母、細菌、酵素、タンニンを大事にし、他の一般的な発酵剤を使ったワインとは違います。酸化防止剤の硫黄も元来ブドウの中に天然に存在する元素で、その量は様々です。ブロック・セラーズでは、ワインとスタイルに応じてSO2を使いますが、含有量は調整し最も少ない量に抑えています。

醸造所はサンフランシスコから車で1時間程の、貿易港があるバークレーの街の中にあります。交通の便が良い為、購入したブドウを運搬するには最適な環境と言えます。ブランドイメージにこだわらず、単に倉庫を改装してワイナリーにしました。もちろん醸造に不可欠な温度管理や排水、クリーンで働きやすい設備、オーク樽を保管する温度管理等は合理的に整えてあります。ワインの量が増えたこともあり、毎年、この倉庫のスペースを広げて樽を移したり、ワインの貯蔵庫にしたり、常に増改築の毎日です。

アメリカワインのターニングポインターとして

収穫シーズンになると方々の畑を飛び回り、理想的なタイミングで収穫されたブドウをトラックでワイナリーまで運びます。一旦休ませてから、熟度、糖度、酸度など詳しいデータを分析し、そのブドウに合った最適の醸造を心がけています。幸いにも毎年ブロック・セラーズのファンが増えてきました。なにからなにまで自分でやらなくてはなませんが、ファンの期待に応えるべく更なる努力をしています。また、徐々にですが新たな設備も導入し始めました。

私たちの醸造所は必要最小限の設備を心がけています。つまり、ブドウ自身が語りかけてくれるのを最大限に尊重するためです。現代的な設備はまったくと言って良いほど使用しません。収穫されたブドウは除梗せずに発酵槽に入れ、発酵が自発的に始まるのを待ちます。すべてのワインは伝統的なバスケット・プレスを経てボトリングされるまで、必要最小限の作業にとどめています。

 

Cabernet Franc Happy Canyon

ハッピー・キャニオンは、サンタバーバラで最も温暖ですが昼夜の寒暖差が非常に大きく、自然な酸やフレッシュ感をもったブドウを収穫できます。9月5日の夜間に収穫。ブドウはホールクラスターのまま、5tの木製発酵槽へ。朝に軽く足で踏み、夜にはやさしくポンプオーバー。その後ステンレスタンクでひと晩静置し、古いバリック樽で8ヶ月熟成。

輸入元:FICワイン

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい