マヌエル プルチーニ / マロカ (イタリア)

ITB0000720
ITB0000720 ITB0000720
ITB0000720
在庫状態 : 在庫有り
¥3,500 ¥3,140(税別)

(税込¥3,454)

数量

FavoriteLoadingお気に入りリストに追加

マヌエル プルチーニ / マロカ 2020(白)

(ITB0000720)

ヴィンテージ:2020

生産国:イタリア

生産地:トスカーナ

葡萄品種:トレッビアーノ70、マルヴァジア20、ヴェルメンティーノ5、その他5

コメント【商品説明】:

密度の高いトレッビアーノ。

ブドウの密度が高いと、言っても「ふうん、そうなんだ」となってしまいがち。でも、それがトレッビアーノの話が変わります。

トレッビアーノで造られるワインとしてポピュラーなイタリアのお水代わりに飲むようなの淡いゴクゴク系の激安ハウスワインをイメージして頂くと、そのトレッビアーノに密度を感じる程、手塩にかける事の大変さをご理解いただけますでしょうか。平たく言ってもいばらの道。でも、その先にある結実は人を魅了します。

養分を集約する収量制限が主なポイントになるかと思われますが、健康的なブドウで健全に造られたのだなという印象。確かに、いくつものブドウがブレンドされているのでそっちからの影響は有るものの、ベースとなるトレッビアーノの質の良さが光ります。

醸しは無し。いいからこれを飲んでみろよと言わんばかりの直球勝負。美味しいなって思うと同時に、そのスタイルがかっこいいなと。お顔もインパクトありますから、既にお気に入りとなっている方も多いかと思います。吉澤ワイン商店では2020年からのご紹介です。

数はそんなに多くありません。少量割り当品の為、お一人様二本までとさせて頂きます。

 

以下、輸入元コメントです。

MANUEL PULCINI

新時代のフィネスとエレガンスを表現するトスカーナのビオディナミの新星

Manuel Pulcini マヌエル・プルチーニはローマ生まれの現在 35 才。両親がローマ郊外に小さなカーヴを所有していたため、小さい頃からワインが身近にありました。自然にワイン造りに関心を持ったマヌエルはピサ大学でワイン醸造学の学位を取得。その後、モンタルチーノのフォンテレンツァなどのビオディナミを実践するトスカーナの幾つかのワイナリーで働き、ビオディナミとナチュラルワイン造りへと惹かれていきました。

トスカーナには愛情を込めて手入れされていたブドウ畑が数えきれないほどあります。しかし、現代産業の流入によって見捨てられてしまいました。これらの畑は過去の農村の遠い思い出になってしまっています。マヌエルはこの衰退する農村の流れに反抗することを決意。友人のサポートで、トスカーナのルッカ近郊に約 2.3 ヘクタールの耕作放棄されたブドウ畑を借りて 2017 年 1 月に自身のワイナリーを設立しました。マヌエルが目指したのは、ブドウ畑に新しい生命を吹き込み、現代的醸造学のワイン造りから解放された、自然を尊重したワイン造りのプロジェクトでした。

マヌエル・プルチーニにインスピレーションを与えているのは以下のような考え方です。
■ 四大元素、「水と風と火と土」は地球上に存在するあらゆる物質の原料となる自然の要素であり、生命を生む原型であり、宇宙の原理です。これは残していかなければならない農村の哲学です。
■現在の狂気に満ちたグローバリスムの世界においては、自然への回帰とは、過去の農村の価値を再発見し、土の上で額に汗して働くことです。マヌエルは以下のように語っています。
「私たちがエネルギーと情熱をもって追求するプロジェクトは、古代の価値の発見、本物の農業、自然なワイン醸造を通して、忘れられたライフスタイルとブドウ畑を継承していくための新しいワイン造りのプロジェクトです。私たちはこのプロジェクトを通して伝統的な農業と現代の世界とをつなぐ架け橋になりたいのです。」

四大元素説:万物は水風火土(地)の四つの元素から成り立っているという思想。古代ローマやギリシャ時代から支持され、プラトンやアリストテレスの思想もこの四大元素の考え方を基にしていると言われる。

 

Marròca

従来のイタリアにない新時代のフィネスとエレガンスを表現した白の主力キュヴェ

IGT TOSCANA BIANCO
品種:トレッビアーノ 70%、マルヴァジア 20%、ヴェルメンティーノ 5%、その他 5%
ヴィンテージ:2020 年

醸造:ブドウは手摘みで収穫し、トレッビアーノは全房で圧搾、その他の品種は除梗・破砕して数日間のスキンコンタクト。低温で清澄した後、各品種毎別々に野生酵母のみでステンレスタンクで自発的に発酵。その後マロ発酵と熟成。醸造添加物は一切加えずに醸造する。ブレンドは瓶詰め前に行い、収穫翌年の初夏に無清澄・ノンフィルターで瓶詰め。SO2 はボトリング後のワインのネガティブな反応を避けるために必要最低限のみ添加。

2020 ヴィンテージは総生産量 1500 本。2021 年 5 月時点の SO2 トータルは 93mg/l。

味わい:ミディアムの金色の色合い。白桃やカリン、マルメロ、白い花などのアロマ。とても柔らかいアタックで、口中も非常にまろやか。微かにバターや杏のニュアンス。フィニッシュには白い花のノートと共に心地良いミネラルと旨味が感じられる。

マヌエル・プルチーニ自身による解説:このキュヴェは、自然の四大要素の中の『水』を象徴しているワインです。マロカとは古いトスカーナの方言で「井戸の怪物」を意味します。マロカは神話の中の怪物で、下半身が人魚の美しい少女です。危険で恥ずかしがり屋で、井戸に隠れて子供を誘拐して食べてしまうと言われていました。母親達は子供が井戸に近づかないように注意していました。エチケットのイラストはこの井戸の怪物マロカです。

 

輸入元:VIVIT

詳しくは下記輸入元の紹介ページをご覧ください。

http://vivit2012.co.jp/cn7/manuelpulcini.html

※入荷待ち商品のお取り寄せ等、お問い合わせフォームからお受け付けしております。お気軽にお問い合わせ下さい